アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

感覚を支える論理性 

今日から1週間スウェーデン に広告の撮影で行きます、気がつけば4月の終わりごろから5月の半ばまで結構忙しい日々です、6月8日の個展の予定を入れていますが、作品はまだ揃っていなく帰国後は猛チャージしないと思い描いていた世界が表現できません。
今日は久しぶりに僕にとっての作品との向き合い方についてあれこれ雑談したいと思います、写真展を何度かやって毎回感じるのは写真展としての作品作りとコンペなんかに出品する単品の作品作りは作り方、考え方は違います。
写真展は複数点数で構成されるので、そこにストーリー性のようなトータルの視点が必要になってきます、それに対して単品の場合はその1点だけで完結していても構わない、写真展も単品だけで完結したものの集合体でも構わないけど、やはり会場に埋め尽くされた作品群には一貫性はあったほうがいいと思います。
話は少し違うところに行ってしまうかも知れないですが、僕はこれまで表現をする、作品を作る、これらの活動に必要なのは感性とその表現力だとずーっと思ってきましたが、最近この考えに自分自身で疑問を感じ始めました、結論からいえば感覚力だけでは不十分で、それだけでは感覚をフルに引き出せない、感覚を引き出す思考力がないと感覚はフルに引き出せないんではないかと思いました。
以前、アスリートたちの話を聞いた時、彼らは単に身体能力だけに依存して結果を出しているのではなく、身体能力をいかに引き出せるか、その環境作りのために思考を働かせいている話を聞きましたが、例えば身体能力をフルに引き出すために ベストな休養の取り方、筋肉のケアーの仕方、栄養だって無神経ではいられないはずで、それらに無知なままでは前線で戦い続けられないはずです。
表現活動もそれに通じるところがある気がします、体の方がよりダイレクトですが感覚だって同じでそれが上手く働くようにするには心に対し無知なままでは限界がある気がします。
僕は前々からそれについて無意識に薄々感じその意識訓練もしていた気がするんですが、、、、とにかく必要なのは自分の意識を客観視できる習慣を身につけていないとダメだな、、と思います。
例えば、これからある作品を作ろうとします、しかし現状、意識環境は作るにふさわしい状態じゃないとします、または壁にぶつかったときでもそうですが、まず作って行くには、何が必要で、何が必要じゃないのか、何から手をつけるべきか、何が先で、何が後回しでもいいのか、要るものと、要らないものを分別していかなければなりません、それが整理されたら、今度はそれをどう組み合わせて構築して行くのか、、、、、
先に書いたように、物作りと言うのは感覚能力だけではどうにもならないものがあり、物が作れる環境を整備する能力、 とか,上手く行くときばかりではありません、上手く行かない時に何をすべきか、そう言う論理性は不可欠です、むしろ最近強く感じるのはこの論理性と客観性があって感覚は初めて動き出す気さえします。
この論理性を持たない作品は薄っぺらな印象すら感じます、つまり知性と感覚はお互いに引き出し合う深いつながりを持っています、人間の構造は知れば知るほど本当に良くできた存在なんだな、、、、、と思います。

ドローンの性能と可能性は想像以上のモノがある、 

rrrr.jpg

先日ドローンを始めた理由について、ドローンを始めて心境変化を少し書きました、今日はそこをもう少し書きます。
まず劇的に考えが変わったのは、静止画から動画に対して関心が一気に高まりました、当たり前なんでしょうが、やはり動画って理屈抜きにすごいです、撮った風景はドローンで撮れば移動しながら撮れる、風景が変わりながら撮れるわけです、それは静止画に比べて情報量が多く説得力があります。
例えば風景を撮る場合、、、撮影ポイントがどんどん上昇していけば、そこで見える世界は低い位置から高いところまでの上昇の流れ、風景に変化があればやはり見えてくる世界は静止画に対しガラッと変わります、こんな単純な事実ですが、こんなに可能性に飛んでいる事実に驚きました、あまりにも今まで平地目線に縛られ過ぎていたと感じました。
ドローンの優れた点はまだありますが、ドローンは一般に空高く飛ぶイメージがありますが、空を高く飛ぶだけではありません、人とほぼ同じ目線でも自由に使えます、ドローンのカメラは三脚から離れ、無重力状態を浮遊できるカメラになったと考えるべきです、さらに浮遊状態でそのままピタリと止め、ホバリングも可能です。
ドローンは多分僕らが想像する以上にピタッと静止できます、しかも動画はグラつきません、信じがたいような不思議な印象ですがGPSが制御でそれが可能です。またさらに人がバイクに乗って疾走するシーンをドローンは並行して撮れます、それはパイロットの送信機のスティク操作力、腕の見せ所じゃなく、動く物をドローンに記憶させ、物が動けがドローンもその物体にピタリ張り付いて追尾します。
また、ドローンの中に組み込まれたシステムをフルに活用すれば全自動フライトも可能です、またさらにすごいのがカメラの性能があんな小さなカメラのわりに想像以上に高性能、高画質にも驚きます、正直言って始めはドローンのカメラに対して甘く見ていましたがそうではないようです。
ドローンはカメラ付きラジコンヘリコプターの進化版と思っていましたが、実際に手にしてみるとその機能の優秀さに驚くばかりで、これは完全なロボットであり、無重力世界を自由に飛び回れるカメラと考える方が正しいと思います。

通販時代の量販店事情 

最近、ビックカメラで買い物をするのはネットかのんびり静かな藤沢店で買うことがほとんで、新宿とか池袋の大きな店で買うことから久しく遠ざかっていた、特にビック池袋店は店舗が狭い上、最上段までエスカレータを乗り継ぐのは苦痛で店内を歩き回るのは結構なストレスです、つい数日前、ある事情でわざわざ池袋店まで足を伸ばして買うことになってしまった。
それは、、、少し話が長くなるけど、、、、ドローンの送信機にモニターを繋げなくてはならず、でも買ったモニターが繋がらず、近々撮影があって繋がないことには仕事にならず、ちょっとマジに深刻な状態に陥っていた、特に僕はこういうのが得意じゃない、ドローンメーカーサポートに問い合わせても的を得ない回答を繰り返するばかりで話にならず、いよいよ困った。
なんとかしないわけには行かず必死になって調べるうちに判明したのが、解像度1920x1080以外は繋がらないことがやっと分かった、それでその解像度のモニターをビックカメラ有楽町店で調べてもらい鎌倉から有楽町まで実機確認をしにドローンを持参して足を運んだ。
店でドローン実機を広げあれこれ試しやっと無事に繋がりそれを買おとしたが、、、、有楽町店には在庫がなく池袋店で在庫が確認された、どうでも良いようなものならそのまま帰って通販サイトで買うんだけど、ここまで散々苦労した挙句そのまま帰る気になれず、どうしても今日中に動作確認がしたい情動にかられ、その足で池袋店までドローンを持って向かった。

池袋の駅前界隈の雑踏をかき分けながら店に向かうが大勢の人が街中を歩いている、普段鎌倉の静かな海前に住んでると、、、こんな雑踏を人をかき分けながら荷物を持って歩くのは最近あまりしていない、わずか数分であるにせよ僕にはちょっとした苦行だった。
この時代、良いのか、、、悪いのか、、、、たかがモノを買うために、わざわざ店で買い物をして大きな紙袋を抱えて街中を歩き回るのは実に久しぶり、家でパソコンを開きビックドットコムとかアマゾンの通販サイトをクリックするだけで翌日には欲しい品が届く時代になった。
さて、、、、やっと目指すビックカメラに到着した、でもモニター売り場はそこではなく道路を渡ったパソコン館に移動しなくちゃならない、さらに6階までエスカレーターを乗り継いで、、、やっと売り場に着く、たかがモノを買うまであれこれ雑踏をかき分けてエスカレーターを乗り継ぐ。
店内は中国語があちこち飛び交っている、ちょっとびっくりするくらいの数、都心のビックカメラは僕が久しく知らないうちに中国語の店と化していた、店員の名札も中国苗字が多い、はは~ん、日本人はもうわざわざ店なんか来ないでネットで買い物を済ませてしまう時代になって、店舗客の多くは中国人が占める時代になった、、、そういう訳か、、、。
それにしてもすごい時代になったものだと思う。

ドローンを始めた理由 

今日はドローンについてお話ししたいと思います。
FBで時々フライト実験画像を載せていますので、僕がドローンを始めたのは、もうみんなに知れ渡っていることと思います。
僕はドローンに対して当初の印象はラジコンヘリコプターが進化したもの、空を飛ばして遊ぶモノの印象に縛られていました、もちろんカメラが付いていることは知ってたけど、使い物になるのは高額なドローンじゃないとダメじゃないか?まさか自分がドローンを飛ばして画像を撮るなんて想像すらしなかった、それが気がつけば今こうやって飛ばす人になってしまった。

僕とドローンの出会いの経緯は、、、、興味関心はまったくなかったから自分から始めるなんてまずあり得なかった。そのきっかけはいつも仕事をくれるディレクターがロケ先での雑談の時、「ねえ、ワタライさん、ドローンを始める気はない?もし始めたら行動範囲が広がるんだけど、、、、」って、持ち出されたのが始まりでした、宿題をもらった気分でロケ終了後、早速ドローンについてあれこれ調べました、それで徐々に分かったのは、法的規制の数々、越えなきゃならないハードルがわかって一体どこから始めたら良いのか、考えるだけで気が重くなってきました。
まずドローンを買って勝手にそこらで飛ばして練習すれば良いってわけではない事がわかってきました、自由に飛ばせる場所は限られているし、仕事で飛ばすにはまだフライトの免許はない、国土交通省の許可を取らなくてはならないし、こんなの自分にその高いハードルが越えられるだろうか?って気持ちになりました。
仮に国土交通省のフライト承認を取りたいなら自動車学校みたいにドローン講座(結構高い)に参加して法規習得、技能習得をし試験にパスしないと申請資格がないか、11時間以上のフライト実績が必要です、そもそもそう言う座学がないと申請するにも法的知識がないし、、、、それでは申請書すら書けない。(業者に申請代行してもらう手もあるが高い)
始めるにはそれなりのお金が必要で、、、、始めはどこから手をつけるべきかさっぱり見えなかった、でもやると決めたらコマをさっさと進めないと、いつまでたって飛ばせないから、思い切って一泊二日の講座に参加しました。

講座に対して正直な感想は、、、、操縦力を学ぶと言うより本当に基礎的な操縦心構えを習った印象です、もし自分で独学だったなら、操縦力は身に付くとしても偏った考えのままだった気がする。
特に感じたのは送信機のスティック設定は4種類ありモード2が主流のようですが、そう言うことも知らないまま自己流でやっていた気はします。

さて前置きが長くなりましたが、実際飛ばせるようになって感じたのは、これは想像してた以上に面白いです、僕らはこれまで写真を撮るとは地面に張り付いて撮ることがあまりにも当たり前化していたことに気がつきました、ドローンを知ってカメラに羽が生えた感覚と言いますか、これは無限の可能性がありますね、、、、。
FBの渡会審二で時々ドローン画像が見られます。

ユーロスターでパリからロンドンに入った、 

_MG_0095.jpg

さてアルルからパリに戻って翌日ロンドンに向けて出発、前日パリ北駅に行って下見に行った、国際列車だから空港と同じように早めに行ってイミグレ手続きをする、列車はどこから出るのか、どれくらい前に着くべきなのか、事前に知っておかないと当日万が一間に合わなかったらアウト。
駅の係員に手元のe-チケットを見せて乗車手続きに関することを聞いた、1時間前に来て、、、そこに並んで、、、、と聞いた、よしこれで当日あたふたはないな、、、と確認してその場を出た。
翌日再びここに来ると、、、、、すごい人がイミグレの前に並んでいた、、、そうかパリでイギリスのイミグレ手続きをする、しかしそのイギリスのイミグレ手続きはなかなか前に進まない、前にイギリス入国の時もそうだった、なかなか進まなかった記憶が甦ってきた、そう言えばイギリス入国手続きは世界で最も厳しいイミグレだと聞いている。
時計とにらめっこする、、、、出発時間が迫っている、、、、列は一向に前に進まない、だんだん冷や汗ものになった、相変わらず列はゆったりしか進まない、、、、、、、結構待ってやっと自分の番が来た、だいたいお決まりの質問責めをいくつかされて、、、、それに応えて、、、、さてやっと終わった、これで列車ギリギリで滑り込みで走り込むつもりでいたら、、、おい、待て、待て、と言われた。
えっ?なんですか、、、、と聞くと、この人は(日本人女性)英語がまったくできないんだよ、あんたこの人に質問要件を伝えてくれ、、、、それでそれをこっちに伝えてくれと言った、つまり通訳しろと命じられた え?こっちは列車に急いでいるんです、、、、、と答えると、そんなのは構わんからこっちをやってくれ、と相手は言った。
一瞬、冗談じゃない、、と思ったけどまあ仕方がない、、初めてイギリスに来た時、自分がまったく何も話せなくて同じ立場だった、相手に呆れた顔されてなんとか通過した記憶が甦って来た。
さて終わってその場を走った、電車の出発にあと10分くらいだった、、走ればまだ間に合うと必死に走った、でも残念なことにホーム入り口で止められた、次の列車にしてください、、、、あっちに行って次の列車のシート手続きをしてください、と言われた。この列車に乗り遅れたらもうチケットは無効かと思ったら、意外にあっさりしていた、次のシート手続きをするだけ、こんなことはいつもあることという感じだった、乗り遅れは思っていたほど厄介じゃなかった。
さて、列車は新幹線並みでものすごいスピードで走った、窓からの風景を眺めている間、あれよあれよという間にすぐトンネルを潜った、フランスを出ていよいよ列車はイギリスに入る、昔はここを船で越えたが、今ではトンネルであっという間に越える、多分トンネル走行時間は20分くらいだったかと思う。
ついにイギリスに入った、これまで美しかった風景がイギリスに入った途端、急にグレーな風景に変った、倉庫とか工業的な風景になって気が重たくなった、、、、、、

いよいよロンドンに到着したけど、はてな?自分は今どこにいるのか、かつて知ったロンドンの駅名で知らない駅などはないハズだけど、、、、、セントパンクラスステーションなんて駅は知らないなぁ、、、、、さて、ここは一体どこだろう?道行く人に「すいません、ここはどこですか?」と聞くのもバカらしいし、、、
売店でまずはAtoZマップを買って自分の居場所を探した、なんとなく分かって来たのが、どうやらここはキングスクロス駅のようだな、、、、ユーロスターの発着駅がパンクラスステーションというのか、、、、気を直して地下鉄に向かうとどうやらそうだった、
久しぶりに乗ったロンドンの地下鉄車両は新型できれいだった、噂に聞いたロンドン地下鉄の料金はそんなに目の玉が飛び出るほど高くはなかった、35年ぶりのロンドン、、、、、、。