アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

透明感のある写真 

IMG_3771.jpg IMG_3772.jpg

昨日、ギャラリーに旧知の知人女性が訪ねてくれました、名前はくらもとえりこさんといいます。
知人を介して僕の写真展を聞いてわざわざ訪ねてくれました。彼女との縁は彼女はヨガの先生で今から7年くらい前、ヨガで彼女がうちのアトリエを使っていただいた縁で知り合いになりました、それ以降の付き合いは特になかったけど、アトリエを貸す時に数回やりとりした彼女の印象は不思議な透明感と自分の価値観をしっかり持った方の印象でした、久しぶりの再会で感じたのは、やはり今もまったく変わらないまっすぐな目線とピュアな感性を持った方でした。
その彼女が最近写真を始めたそうで、彼女が撮る写真とは一体どんなものか、興味津々で見せてもらいました。
写真のことは何も知らないと彼女は言います、3ヶ月くらい写真のワークショップに通ったそうで、始めはデジカメからスタートしたようですが、今はフィルムカメラ、撮ったネガをスキャンデーター化してインクジェットプリントしたものを見せてもらいました。
何枚か撮った写真を見せてもらい感じたのは、ちょっと見た印象ではそんなに強いインパクトがある写真には思えなかったんですが、それが何枚もペラペラと見て行くうちにグイグイと引き込まれます、それは明らかにピュアーな感性をそのまま絵にしてるように感じるからだと思います。
正直な感想、自分がやってることがとてもつまらないと感じるくらい透明感を感じました、ちょうどその時、東京からの同業の友人が居合わせたので彼にも見てもらったところ、彼はただ唖然とするばかりで一瞬口から言葉が出てきません、そして彼女はバックから取り出した小さな写真集を開いて見せてくれました、別写真がセレクトされていて、最初に見せてくれたものより、こっちの方がずーっといいな、、、と僕は思ったけど僕の好みと主観によるものかも知れません。
友人は彼女に聞きました、「あの、、、、写真を始めて、、、、どれくらいですか?」すると彼女の口からは今年の1月と答えた瞬間、僕と彼は顔を見合わせ唖然とました。デジカメはその1年半くらい前からスタートしたと彼女は言いますが、それにしても写真歴はほんのわずかな期間です。
彼女は多分ヨガ修行で目に見えない感覚を感じ取る感性は鍛えられたと思います、でも他にもヨガの先生に過去何人も会ってきましたが、彼女の印象はちょっと別格だなと思って見ていました、僕はなんとなく感じるんですが、ヨガだけが彼女の感性を研ぎ澄ましたとは思いません、彼女はもともと始めから彼女であったことに変わりはなかった、そんな彼女がヨガを始め写真を始めたに過ぎないと思います。

では、彼女の何がすごいか、まず普通、写真を始める人の99%は誰かの写真を手本として、そこから見よう見まねで写真を始めます、構図の切り取り方、配置の仕方、光の取り入れ方、モチーフ選び方、これら誰かの作風をマネながら自分を模索し、徐々に自分の作風を確立させていく、これが一般にみんなが通る成長法です。
彼女にはそれがまったくなかったとまでは言わない、彼女なりに何か参考にした部分は多分あったと思うんですが、問題はここからです、誰かの手本の撮り方をどう自分に取り込んで、ある程度、自分でも撮れ始めた後、そこから先はどこに行くのか、ここが大きな問題です、大半は撮り方が上手になった時点で、そこで満足しほとんどそこで停滞します、それが大半のパターンです。
そこから先に行ける人、自分自身の方向性、自分自身の世界観、ヴィジョンを模索して、それが形化できるまで「自身の感性が自立してる人」これは本当にごくわずかです、そこにヴィジョンがある人は、誰かに影響された写真に限界を感じその次をさっさと探し始めます、むしろそこから本当の自分表現が始まると思います。
その点、彼女は奇跡的なくらい、その常識からまったく自由でした、少なくとも僕はそう感じました、まるで彼女からすれば僕たちは自由から束縛された存在です、彼女は始めから誰かから撮り方の影響を大きく受けた感じがほとんどしません。
ある意味で彼女は天然なのか最初から自分の撮り方で写真を始めた感じさえします、最初から何が描きたいかがはっきりしていた感じさえ写真から伝わってきます。むしろ自分表現がしたいから写真を始めたんじゃないかな、、、と思いました。
僕の印象では1枚1枚の印象よりも、まとめて何枚も見ていくと「目に見えない何か」が伝わって来る印象を受けました。これは僕自身、何年も何年もやって、自分の限界に壁を感じてやっとそこに気がついたことですが、彼女は最初から無意識にそこに行ってる気がしました。これはまるでルルドの泉のような奇跡に立ち会えた気がしました。
これは自分自身が生き方として自分の感覚をどこまで重視し信頼しているかの大事な問題です、自分の感覚を深く信頼してるか、信頼まで至っていないかの違いです、それはヨガを通して彼女が実感したモノなんでしょうか?またはこういうのは最初から持って生まれたものなんでしょうか?先に書いた通り彼女は持って生まれた感性がそれをさせた気はします。

時々写真をまだ始めたばかりの、駆け出しの方たちの作品を見てほとんどから感じるパターンは、特にプロを目指す人のこの傾向は顕著ですが、誰かの撮り方、手法を自分の作品に取り込み背伸びをして画像を作ります、ところが人から吸収した寄せ集めがまだ自分のものになり切っていない作品はチグハグな印象を受けます。むしろ僕には彼らのほとんどはチグハグな印象ばかり目に付きます。
誰かから影響を受けた部分と受けていない部に差が出て作品印象はどうも変な感じがします、ある部分は妙にマセて突出して、ある部分は駆け出し状態です、それがどうもバランスがよろしくない変な感じでチグハグさが露呈します、まるでそれは幼女が厚化粧をした違和感に近い物です、しかし年月、経験と共に徐々にそれは洗練されチグハグさが削ぎ落とされます。
でもそれは所詮、写真の見せ方が達者になっただけで、表現力が進化したわけじゃないんですが、多くはそこから自分表現の領域まで行けないんです、彼女の写真から不思議に感じたのはそのチグハグさがまったく感じられないんです。多分僕が好感を持ったのはそこだと思います。
それは透き通った清流のような透明感のある写真、多分彼女自身がそこを自覚してるかどうかは知らないけど、彼女の無意識な表現は、、、この透明感が描きたいんだな、、、、と僕なりに勝手に解釈しました。それはどこかからインスピレーションを引き出して撮っている気がしました。
人間にはもともとそういう能力が備わっていて、まさにイデアからイメージを引き出して写真にしてる気がしました、これまで写真をやってきてこんな人には10年にひとり会えるか会えないかの人だと思いがしました。
彼女から感じたのは、表現において何が必要で、何が不必要なのか、そこを見せてもらった気がしました。ついでに言えば 今後自分が進めべき方向性、すべきことと、すべきじゃないことまで見せていただいた気さえします、ちなみに今ちょうど東京の小伝馬町でグループ展をするそうで彼女の作品が見られますので情報を載せます。

プラトンのイデア論はむずかしい話ではない。(3)シュリーマンの奇跡 

イデア論について2回に渡って書いたものを読み返すと、これでは人に理解できるように説明したことにならない、我ながら歯がゆい思いです、目線を変えてまた書き直します。
僕は歴史に名を残す発明家発見者の伝記を読むのがとても好きです、そこに道なき道を知恵を駆使して切り開いた人間の英知を感じるからです、特に好きなのはシュリーマン、エジソン、ライト兄弟です、彼らの人生を紐解くと、どう考えても常識的な方法論とか答えの出し方を越えています、何か異次元からインスピレーションを受けた、何かに導かれたとしか考えられないような人生を強く感じます。

中でも好きなのがシュリーマンです、僕にとってドラマチックすぎるくらいシュリーマンは多彩な人生です、大雑把な記憶だけで書きますから、史実と若干の違いがあるかもしれませんが書いてみたいと思います。
シュリーマンは牧師の家庭に生まれました、幼いころ、父親からトロイアの遺跡についての本を買ってもらいましたが、それがシュリーマンの人生を変えます。
シュリーマンは青年になって貿易商社の使用人として働きます、そこで彼は外国語を次々に覚えます、詳しく覚えていませんが、わずか2つ3つの言語ではなくいくつかの現語を次々にマスターしますが、驚くのはそれらは単なる片言レベルではなかったそうです。
そしていつしか商社を経営する立場になりシュリーマンは商才を発揮し経営は順調に軌道に乗っていたそうです、しかしある年齢になって、順調だった商社をあっさり他人に譲り渡し、手にした財力を基にいよいよ幼いころからずーっと夢見たトロイアの遺跡発掘事業を始めます。
しかし、当時トロイアの遺跡は伝説にすぎずそんなものはただの作り話だ、その存在を誰も信じなかったそうですが、シュリーマンは商社を経営してる間に、どんな調査をして何を根拠に遺跡存在を確信していたのかは知りませんが、少なくともなんらかの手応えと確信は彼にあったからそれをしたのだと思います。
シュリーマンはある時期を境に惜しげもなく自分が育てた商社を手放したと見るよりそれは逆じゃないかと思います、彼は始めからトロイアの遺跡を発掘することしか考えていなかった、そのための資金稼ぎが商社であり、その資金を作るために商社を成功させないわけには行かなかった、そう見た方が自然な気がします。
多くの方々は実在界のイデアを引き出すには直感力があればそれが読める、まるで霊媒師みたいな存在をイメージしているようですが、それはちょっと誤解してる気がします。確かに人には感じられない消えた遺跡にロマンを感じる感性は並外れたものがあったでしょう。
僕には霊媒師的な能力よりも、幼いころ読んだ消えた遺跡に対して並外れた憧れが彼にはあって、それが彼のアタマから離れないくらい強烈なイメージとして焼きつきその虜になった、いつか遺跡発掘事業ができるくらいの財力を手にした時、必ず発掘事業をやろうと心の中でずーっと夢見続けていた、それがシュリーマンだった気がします。
多分彼は商売をしながら遺跡発掘に関する資料、情報を集め、トロイアの遺跡研究を怠らなかった気がします、そして彼の中でそれはただの憧れから確信に変わって行ったんでしょう。
人はそのようにアンテナを張っていると不思議なことが次々に起きます。遺跡発掘のキーマンとなる人材にも出会いますし、遺跡に関する情報も向こうからやって来ます、常識では考えられない不思議なことが次々に起きます。
でも彼を知らない外部から見れば、彼はただの奇人に映ります、あれだけ順風満帆に商売が上手く行っていながらきっぱりと手放す彼の行動を人は変人奇人としか見ないでしょう、でもシュリーマンにすれば何十年もじーっと待った末の決断だったわけです。
そしてシュリーマンはついに伝説のトロイアの遺跡を発掘します、世の中はそれについて「彼は商社よりもっと儲けのある発掘事業に商売替えしただけだ」と酷評した人も出たそうです。
シュリーマンをどう評価するかは各自次第だと思いますが、僕はシュリーマンこそイデアを引き出せた人だと感じます。

プラトンのイデア論はむずかしい話ではない。(2) 

昨日の続きです。
イデア世界が現実世界でどのように関係するのか、役に立つのか、具体的に説明しないとこの話はいったい何のことか意味がまったく不明なので可能な範囲で僕なりに説明を試みます。

私たちは日常生活は、現実的認識で行動します、現実的認識とはカンタンに言えば常識範疇で行動します、しかし写真を撮る場合、常識範疇の思考で物を撮ったとしても、カタログのように現実的写真なら良いとしても、何か表現された物では不十分でおもしろくはないし魅力もないし人の心は捉えません、人の心はとても敏感です。
撮っておもしろいものは、意識世界と無意識の世界の間、意識はできない、実態は掴めないけど何か見過ごせない、意識と無意識の微妙な間が、写真としてはおもしろいんです。人は実は無意識の中にも、実態があることは誰も何とはなく薄々知ってるんです。でも認識ができないから日常生活に必須アイテムとして存在しないだけです。
これは僕の体験ですが、以前、まだそんな無意識に意識を向ける概念が自分の中になかったころ、写真を撮るとは、目で見える物をカチっと撮る、フレーミングをしっかり決め、対象物は歪みなくまっすぐに、どう描きたいかをハッキリと明確に撮っていました、とても現実的でまっ直な写実表現です、でもそんな写真ばかりズラッと並べても少しもおもしろくない、見る者に向かって何か語りかけて来るものがないんです。
どうしておもしろくないんだろうか、、、、?そのわけを考えました、あの当時はそこが解読できない大きな壁でした、 語りかけて来る写真とはいったい何なのか?そのことに一度真剣に向き合いました、少なくとも現状の写真は僕が撮りたいのではないことだけはハッキリしていました。
目で見ただけでは意味不明な存在、パッと見ただけでは見過ごしそうな、特にこれといったおもしろい事象ではないけど、写真に撮ったらおもしろい物として写っていた、そんなことは確かにあることに気がつき始めていました。
自分たちには、目に触れられる物事は実はごく一部に限られた物しか見えていない、聞こえていない、出会えていない、でも実はそこに多くの存在があっても出会えていない、私たちは実は限定された中でしか、ものを見ていないで生きている、それを前提に世界を捉えたら、世界に対する見方の認識は変わりますし、カメラを向ける目線も変わります。
まずそこがイデア世界認識のカギじゃないかと思います。
その世界を直感はわずかながら感知できる能力が私たちにもあると仮説したら世界はどう見えるのか?これは、直感を信じるか、信じないかの話になります、でも僕は写真を撮るとき、五感はあまり頼リ過ぎないようにして撮るようにしています、五感が見せる世界はあまり過信しないスタンスで撮ります、もっと別の感覚で撮るように意識します、目はたしかに視覚的に物を見せますが、情景世界は少しも見せないからです。
私たちが日常生活ではあまり使わない感覚を使って撮ります、あまり使わないその感覚こそが、イデア世界を理解する窓口だと思っています。
その感覚を使った時に見える世界は現実世界が見せる風景とはまったく違います、目が見せる現実世界とイデア世界では見える世界のコンセプトは違うと僕は受け止めています。
それが僕のイデアの一部じゃないかと仮説しています。もちろんこれだけではないんですが、解釈のカケラだろうと仮説しています。
この感覚で何か情景を撮ってズラリと並べたときにもう一歩踏み込んだ意識の深層世界が写真に現れます。それは実在界のイデアかも知れません、そうではないかも知れません、イデアは誰もまだ証明することができないので、あくまでも仮説として考えるしかできないんですが、まったく的外れな解釈だとも思っていません。

プラトンのイデア論はむずかしい話ではない。 

プラトンのイデア論と言う概念があります、これを何かで調べると説明がやたらにめんどくさくて、読み終えるまでに閉じたくなる説明が多いんですが、この概念はそんなに面倒な概念ではないです、難しいかカンタンかは、意識のチャンネル次第です、少なくとも僕はそう解釈しています。でも僕の解釈が個人的主観かも知れないのでネットでも読めますから何かで一回さーっと軽く読んでみることを勧めます。
その内容とは、この世にあること一切は実在界の影絵にすぎず実在界にすべてのコンセプト(本質)はある、物事の回答を得るにはイデアにアクセスできるかどうかにかかっている、そんな内容です。
この解釈をズムーズにできるかどうかのカギは実在界をどう解釈するかにかかっています、実在界が分からない人に実在界を前提に話を始めてもイデア論は意味不明です、イデアとはつまり実在界の智慧を意味します、ちなみにこの概念はそのまま般若心経にも当てはめられます、では般若心経とは何なのか?心の奥に(深層意識)偉大なる般若(ハンニャ)の智慧(実在界の智慧)があってこれが開眼すると俗から解放される、色は空、空は色、(色とは物質界、空とは意識界)と釈迦は説いています。
プラトンのイデア論とは仏教の般若の智慧そのものであるという不思議な話、この世の概念ではなくあの世の概念を前提にこの考えは成り立っています、しかしあの世がある、あの世はないから話は始まりますが、ここではまずそれは横に置いて考えます、この実在界をまず一度受け入れて考えると、不思議なことに、この概念は物事の認識に奥行きと深みを増します、この世の成り立ちはただの平面から、実在界が前提に考えると立体存在として見えてきます。
むしろ、私たちはこの世だけの存在であの世なんかないの考えだけで物事を捉えたり、考えたりすると、一切は物質的な思考になって、すごく薄っぺらな平面的存在、虚無的存在思考になってしまいます、この考えだけで万物のつじつまを合わせようとする方が返っておかしな方向に行く気さえ僕はしますが、、、。
この辺りが実在界現象界の境界線で重要なポイントです、「実在界」というイメージ、これを日本人が理解するに大きく壁になるのは既存のお寺から身についた「あの世」の概念、これがしっかり意識の根底にあって、これが実は真っ直ぐな実在界の理解に邪魔をして色メガネになっておかしな先入観をしている気がします、まずこの悪しきイメージ洗脳を払拭しないとプラトンのイデア論に進めません、僕は実在界、イデアの世界概念はとても興味を感じますが、お寺の言うあの世、お墓の意味、先祖供養、冠婚葬祭、これには共感はまったくありません。
人間は魂存在(意識存在)であって体だけの存在ではない、意識と体の合体生物が前提です、日常で自覚できる表面意識と日常で自覚が出来ない潜在意識があります、別の言い方では、これを深層意識とも言います、僕が言いたいのはこの深層意識を重視した表現、生き方と、表層意識だけの表現、生き方では、意識(心)についての捉え方、考え方はまったく別物になります。
では深層意識を意識すると表現にどう影響が出るのか、理屈では説明が出来ない不思議な現象に意識は向きます、そこに神秘性を見出すでしょうし、物質的目線より意識の時空は立体的になります、内省的なことに関心や表現テーマに意識は自然と向きます、これが表層的なことだけしか意識は向かなければ表現は平坦で物質的にならざるを得なくなります、文学で名作の大半は心の深みを材題にしたものが多いのはそこだと思います。
プラトンのイデア論に戻します、プラトンはこの世の現象とは実在界の影絵にすぎないと言っています。すべてのイデアは実在界に存在していて、私たちはその実在界のイデアにアプローチできるかどうか問われていると語っています。
結論は、現実世界の概念(表層意識)でイデアを理解しようとしても多分延々に理解不能です、これはまったく次元の異なる、水と油の存在ですが、そんなに荒唐無稽な概念ではないと僕は思います。
ちなみにイデアとはアイディアの語源です。

耽美なフランスのエスプリの写真展(2) 

f018.jpg

昔、さあ、これから写真家になろうと意気込んで名古屋から上京し第一線プロカメラマンに弟子入りして、その感性を目の当たりに触れたいと意気込んでいました。
上京してなんとか夢の一歩は実現し、名古屋にはない大使館が建ち並ぶおしゃれな街、麻布の老舗スタジオに入って撮影現場を毎日見ることができ、彼らの仕事ぶり、雲の上の人を見るような目つきで夢のような毎日を過ごしていました。
今になって、、、、つまりあのころ僕は名古屋から上京し、そこで何を吸収したかったのか?と振り返ると、、、。
もちろんプロの撮影現場を見てプロの仕事の進め方、撮影の仕方、スタジオ照明の仕方、それらを学びたかったのもそうだけど、「自分が立ってるところよりはるかに上の世界でものを考え作品を作り続ける人たちに弟子入りしてその人たちの考えとか生き方とか価値観に触れたかった、つまり僕を刺激するメンターを探していた」そこだったと思う。
上京する前は名古屋でも探せばそれができるか一通り歩いて出会いを探したけど、あの当時、何も知らなかった僕ですら、実際にプロに会って話すと、とにかくがっかりするのが関の山だった、それで名古屋を諦め上京した。
振り返ればもう30年以上の年月が経った、探していた結論を僕なりに言えば、いくら高い技術があっても、そんなのは所詮技術でしかない、もちろん技術を舐めてはいけないのは分かってる、でも本当にいい写真を撮れる人は、やはり技術ではなくその人の心が撮る、意味は良い人間性と言ってるのではない、その人の表現に対する造詣の深さ、表現に対する執着心の強さ、思いの強さ、そこに尽きると思う。
時々世の中で、あの人は弁論大会で優勝した人で話術が優れていると聞くけど、それはどうもおかしな話に聞こえる、 話術なんて所詮はただの話術であって、話の中身がどうかがすべてじゃないかと思う、写真もそうです、撮り方が重要ではなくて何をどう表現したいかが重要なんだと思う。
そこに強い執着心を持っていれば、生き方は必ずそうなります、自分が描きたい世界を自分自身で探します、誰かの価値観を通して表現するとか、誰かがしたことではなく、自分自身の目で物を見て自分が良いと思ったものを真剣に探します、これにハマったら表現はもう真剣勝負です、これがすべてと言っていいくらい真剣です、へそ曲がりで人と違うことがしたいんではなくて、自分の美意識を追求するのはもはや自然の流れです。
そうすれば必然的に価値観は厳しくなります、そこに達していない人は認められなくなります、大衆感覚は受け入れなくなります、多くの人とは付き合いができずその幅が狭くなったり、気難しい人間になったりします、(難しくない人もいます)印象派の画家たちの交友関係を何かの本で読んでも交友関係が透けて見えてきます、やはり画家たちの間でも結構いろんな確執があったの事実を知り、みんなそんなそうやって生きたんだ、、、と思いながら、自分に当てはめて、それもどうなのかな?と思ったりもします。

さてそんな時期を経ていい師匠に運良く出会って、作品を撮ることの究極の秘訣を見せていただいたと思います。
それは、作品制作とはカタチから入らないこと、カタチから入っても構いませんが、根底に描きたい作家の世界観が作品ににじみ出ていなかったらそれはどこまで行ってもそれまで止まりでしかないんです。
根本的におしゃれな人はおしゃれな空気が写真に写るし、エッチな人はエッチな空気が写るし、ロマンチックな人は写真にその世界が写るし、僕はフランスのエスプリがすごく好きだから、多分それが写っていると思っています。(そうは思ってくれない人もたくさんいると思いますが)自分が思ってる世界観、自分が描きたい世界観、それが写真に写るんですから、それが写るように自分自身に集中すべきだと僕は思っています。
逆にそれができなければ、それは所詮誰かのやったことの後を追うだけで終わります。さらに、僕にとっての技術とは、描きたいものをより美しく描くためのもので技術が表現の先を行くことなんか絶対にありえないし、そんな表現なんてなんの意味もないと思っています。