FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

インターネット時代の恩恵 ヤフオク万歳 

インターネット時代の恩恵 ヤフーオークション万歳

インターネット時代に突入し、みなさんいろんな活用法があってボクみたいにITに疎い者がこれを書くのはとてもおこがましい気もするが、それぞれの活用法があって当然だからボクなりのヤフオクの使い方を書きます。

ヤフーのオークションはそれぞれみんながいろんな使い方をしてると思うけど、ボクなんか特に写真の暗室用品に関しては非常にお世話になっている。
世の中にはカメラ中古店はそこらにいっぱいあります。しかしコマゴマした暗室用品を売る中古店はこれまでになかった。中野のフジヤカメラがそう云う存在だったけど値段、在庫数はヤフオクにはまったくかなわない。
例えそこがヤフオクと在庫数が良い勝負だとしても鎌倉からわざわざ中野まで足を運んで見になんか行かない。
そう思うと、自分の家に居ながらにしてパソコン画面で商品を確認して買えてしまうのは何よりもです。
しかも値段はまず間違いなく安く買える、そして詐欺まがいな目に遭った事もこれまでにない。

例えばボクがヤフーのオークションで購入したり売ったりした実例を上げれば、まず引き伸ばしレンズ。新品を買えば2万円前後が、程度がかなり良い中古が5000円またはそれ以下で普通に取り引きされています。
暗室用換気扇、こんなものは新品で買えば良い値段をするがヤフーオークションで2~3000円で買った。こんなものはネット時代でなかったらまず中古に出会えないから欲しければ新品を買うしかない。
また暗室用のイーゼルマスク、暗室の中は常に湿気があるから物がとても錆びやすく、イーゼルマスクは使い捨てのように買い替えていました。
ヤフーオークションを頻繁に見ているとわりときれいな掘り出し物が手頃な価格でよく出ています。
使っている物にガタが来てヤフオクでキレイな中古物を見つけた場合、古い物はまだ充分使えるがプロがこんな物を使っていても仕方がないから買い替えた場合。
これまでの物は捨てるよりは誰かに使って欲しい、しかしその行き先に困った場合、こんな時こそヤフオクに出品すると結構意外な値段で売れて行くことがあります。
また暗室用のバットなんか使わなくなって邪魔だからと格安で出品する人がいますが、ボクらにとってこれは消耗品でいくつあっても邪魔にならないから見つけ次第よく買います。
今写真はどんどんデジタル化してる時代だからマニアックなアナログ写真用品は買い手市場になっていて過去を思えば値段が下落してものすごく安く気軽に買える時代です。

とにかく、間に業者が介在しないから高い中間マージンを取られないのでわりと売ったり買ったりが良い条件で取り引き出来る。
またフリマーと違って高い出店料もなく、商品が1点だけで出品出来る事とか運び出す手間もないし申し分がない。
顔が見えない取り引き、実物を手に取って確認出来ない分、みなさん不安を感じたり詐欺を警戒している方も多いようだけど、出品者の過去評価を見るとだいたいの筋が見えて来る。ボクは多分取り引きは400回くらいはしているが、これまでこれと云った特にイヤな目には遭っていない。
仮に「イヤな目に遭っても」おもしろい事にはこう言う事もあると思ってるからどこか買う事にアジアで物を買うみたいにスリルがあってかえっておもしろく思っているから、ますますお店で物を買う事から遠ざかってしまう。

一度こんなことがありました。昔の古いレンズで作品が作りたいと思い、古い二眼レフカメラに目を付けて片っ端から探した、日本製の昔のカメラはレンズ性能が良ク、面白味に欠けるから買わなかった。
結局手にしたのは旧ソ連製ロモルビテル、チェコフレクサレット、名前は忘れたけどフランス製のカメラ、東ドイツ製のツアイスイコンタだったと思う。
だいたいの落札価格は1万円くらいから2万円くらいまでの予算でほとんど買えた。
落札させては実際に使ってみてどんな物か吟味した。そして自分にとってそれが気に入らないならすぐに再び出品した。
使ってみて使えそうなカメラなら2台または3台一時期は所有していた、それをずーっとやってみて結局、出た結論はその手の古いレンズで作品を撮る考えはもう良いかな?と、それらのカメラはすべて1台残らず売った。
実際それらのカメラを落札して売って差し引き金額はどうだったか?と云えばたいして使ったお金は使っていなかった、落札価格より販売価格の方が安かった物もあったが、落札金額よりも販売価格の方が高く売った物もあったので差し引きすると多少使ったかトントンぐらいだったと思う。
また一時、あらゆる写真集を片っ端から見たくなってヤフオクで見つけて落札させてもう良いかな?と思った物は 片っ端から出品して処分した。最初からそう云う考えで落札させていた。これはまるで貸し本屋みたいだなと思ったが意外に使い込んだお金はたかが知れている。
カメラと同様に安く買って高く売った物もあれば、高く買って安く売ってしまった物もあるからチャラみたいなものだ。
ボクとしてはあれだけ使って使ったお金がほとんどチャラはちょっとびっくりした。
こんなことはネット時代だからで来てしまうことなのです。
これまで物を売り買いすると云う事はどうしてもお店で買って使わなければその処分に困る事が多かった。
こういうこれまでの流通システムとはまったく違った流通システムが大きな力を持って出現すると、これまでのシステムが崩壊する気がする。
まだヤフオクぐらいで流通システムを揺るがすまでは行かないしても中古カメラ屋さんはかなり痛手を感じているのではないかな?ボクはそう思う。