FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

近所のしあわせ 

近所の楽しみ

台風12号は熱帯低気圧から成長して台風に昇格した。始めは最大風速30mくらいだったけど、今日ネットの情報を見たら35mといささか勢力を上げて来た。
そのままは北上すれば静岡から横浜の中間を通過する事になるでしょう。さほどナーバスになるほど大きくはないがそのスピードののろい事と云ったらない。
その分パワーのある波でサーフィンして遊んでいられるから、まあ五分五分と云ったところだろう。

湘南はサーフィンのメッカと云われるけど、都心のサーファー出向くポイント千葉、茨城、伊豆にくらべたらここは波がまったく小さい事は意外に知られていない。
その理由は両サイドに伊豆半島、三浦半島、房総半島に挟まれて、横から来る波のエネルギーを半島が遮断してるからだと云われている。
しかし、台風が真南から来るコースを辿ると、波は半島に遮断される事なく、真南からダイレクトにエネルギーが入るから普段より大波が立ちやすい。
これが稲村ジェーンと呼ばれる稲村ケ崎に立つ大波の所以だ。稲村ジェーンとはアメリカ兵たちからジェーンと呼ばれた実在した台風のことを言う。
今のところ、台風はおそろしく北上の移動がかなり鈍く、まだそれほど大きな波は立っていないから、ボクでも乗れる程度のサイズ、パワーだ。
とは言え本格的な台風波でサーフィンするのは2年ぶり以上です。パドル力が落ちて前みたいにスイスイ進まない。
現状、しっかり自立した海力ないから当分波が大きい時はアウトには出ない事にしている。
しかし、今日朝、海を見たら波が昨日よりサイズが収まっていた。
どうした事だろうか?台風がサイズダウンしたわけでもないし、コースが逸れたワケでもないし、理由は分からないが確かにサイズダウンした。
今日夕方、外から帰って来て、早速着替えてボードにワックスを塗って、それを持って浜に走って行き体をほぐしてパドルして沖に向った。
昨日より遥かに出るのが楽でスイスイ出られる。波が厚くポイントも狭く、良いところはすでに何人かのサーファーたちに陣取られていたから、遠慮して条件は悪くなるが彼らとは違う場所でやっていた。
波は厚めで取りやすくはないがインサイドで取れば何本か取れた、久しぶりにパワーと勢いのある良い波だ。
次を取ったらこれで帰ろうかな?と思っていたがあまりにも楽しいのでもう1本乗ってからにした。
そろそろ辺りはもう暗くなりかけていた。帰りがけに海と空を見ながら歩いた、幸せなところに住んでるな~と今日も実感した。
こんな家の近くでサーフィンが出来ることが多分東京からすればとても信じがたい暮しぶりだろう。
ここでは近所で出来るしあわせな遊びです、しかし台風がダイレクトにこちらに向ってゆっくりやって来る。
波と遊べるけど、台風ともしっかり戦わなければならない。今回はこれまでに見た事がないくらい緩やかなスピードの台風12号だ。