FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

アトリエ水平線の5月GWのイベント 

新しい流れ

昨年以来ここアトリエ水平線は5月GWは「水平線カフェ」として開放します。
そして画像にあるようにガラス作品の作家topnochの田中福男くんとここで共同展をここでします。カフェでありながらガラスの作品展示販売とボクが彼の作品を写真に撮ってアトリエに展示です。
前にもここで報告しましたがその彼とのジョイントで撮っていた写真が文藝春秋からハードカバー新刊本の表紙に採用され、このためにDMハガキの画像を作るのに諸々の作業が少しありました。
普段はヒマを持て余すボクが6月にお茶の水の写真専門ギャラリーバウハウスで過去から現在までのちょっとした大きな渡会作品展が急遽決定し、さらに7月にフランスアルルに作品を持って行く事、11月にギャラリーB(鎌倉)の新作制作と何だかんだと忙しい日々です。
そんなアタマがクルクル廻る中、いったい何から手を付けたら物事が整理されてまた効率的なのか思案中な中、田中福男くんからDMハガキ作りについて電話で相談を受けた。
ボクはここで書いたようにアタマがクルクルパー状態で、さらにまだそれは遥か遠い人ごとのような気がして受け答えに素っ気ないあさってな返事をしてしまい、彼にはちょっと失礼をしてしまった。
それで田中福男くんのDMに対してもしっかり向き合って画像を作ってあげなければならないと気を引き締め、リセットして彼から送られた新作に向き合い撮った物がこれです。
福男君、ごめんなさい、もう少しでクルクルパーが整理されて来ますから、それまで辛抱下さい。