FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

走れない! 

img271.jpg

時間がある日はだいたい毎日欠かさず午前中、海岸を走っています、理由は体力は維持しておきたいこと、またある程度健管理をしていないとすぐ太る、とか理由はいくつかある。
数年前にも走っていたがムキになって走っていたら足首を痛め走ることは中断したがまた再開した。
健康診断で血圧体脂肪の数値がやや高く医者から少し体重を落としなさいと指導された、それに今のうちに少しでも走って体を鍛えておかないと本当に走れない体になりそうな気がした。
最近は走るのは体が重くてキツい、10年くらい前、走っていた時もそれなりにキツかったけど、今はもっとキツくなって来た、年による衰えは当然だろうけどやはり体重が原因だと思う。
行く前は、何とか言い訳を作って休みにするなり、あまり走る気にはなれない、でもそうは云ったところで仕方がないし、やはり走るしかないと家を出る。
ただ走るだけなんて面白味で云うなら球技みたいにおもしろくない、でも退屈な走ることのメリットは自分の都合だけで走れる、上手い下手もない、自分がしたいように人のことを気にしないで自由気ままにできる。
これがチームプレーではそうは行かない、下手なら試合の出番がない、出番がなくても試合には行かないと義理が立たない。これがすごく嫌いでボクはチームを辞めた。

毎回1500メートルくらい走るが中間くらいが一番しんどい、それをすぎるとあとわずかと云う気になってガムシャラに走る。さらにゴールが見えるとあそこまで行けば良いんだと200メートルくらいは全力のラストスパートで走る。
着く寸前は心拍はバクバクで全身激しくゼーゼー状態です、でもその時に思うのは「ああ走って良かった〜」と強く実感する。何とかまだこれだけ走れる体を持っていることにも嬉しく思う。
前は毎回5キロ走っていたけど、今はとても5キロは走れない、無理すればなんとか出来ないことはないだろうけど、キツいからそこまでしない、それと今のハイピッチな走りがわりと気に入っている。

以前は毎日走り続けていればれば体力もそれなりに上がり距離が伸びたり、体重も少しは落ちたが今はそうではない、毎日走っても距離は伸びないし体重もあまり落ちない。多分体重が落ちるほど走れなくなったからかも知れない。
とにかくまずは体重が重いのが軽快に走れない原因だと思っている、数ヶ月前一回ダイエットをし体重を少し落とした。やはり身が軽くなったのが走ると実感出来る、近いうちにもう一回体重を少し落としたいと思う。
今の走り方は、だいたい一回1500mくらいをハイピッチで走る、コチョコチョ小さく走るのではなく手足のフォームを大きく走る、お腹を中心軸にして手足腰を大きく振って走る感じ。
体をほぐすイメージで走る、太モモは出来るだけ上げて歩幅を広くして走るようにし腸に対してもマッサージを与える感じで走る。
ラスト数百メートルはピッチを全力でラストスパートする、多分ボクが走っているペースは普通のジョギングとしては速い走りだと思う。
体が年になったし、血圧も高めになったから激しい心拍運動を心がげている、血流が流れ善玉コルステロールが血管の悪玉コルステロ—ルは流し血圧は下がると云うボクの仮説ですが多分そうだと思う。
それにしても若かったころは走ればどんどん体が慣れ走れる体になったけど、今はカンタンにそうはなってくれない「走れないね〜!」と感じる。