FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

琵琶湖疎水と別荘 

_IGP3025.jpg

明治時代、琵琶湖の水を京都まで送る水路が当時作られた、琵琶湖疎水と呼び、それについて数日前、NHKBS番組で見てどうしても見たくなった。
琵琶湖から京都まで水を流す、しかし考えれば京都と琵琶湖の間にはちょっとした山があります、いったいどうやって京都まで水が流せたのか仕組みがよく分からない、たしかに疎水には何カ所かトンネルがあります、仮に京都と琵琶湖の間のトンネルを掘ったなら、相当な距離のトンネルだと思います。
当時の技術でそんなトンネルが出来たのだろうか?ちょっと謎が深まります。あの時代、まさか電動ポンプで水を上げて山の上を通すなんてことは多分しなかったと思う。そもそも日本で初めて水力発電所が疎水で作られました、京都の市電の電力はそれで賄っていたそうです。しかしいったいどうやって、琵琶湖の水を京都まで通したのかやはり気になります。

実は琵琶湖疎水を今回初めて見たのではなく、ずいぶん昔にこのレンガ作りの水力発電所、古い水路を見てこれはいったい何だろう、多分歴史的な水路だろうと思って見ていましたが、やはりそうだったかと、やっとその謎が解けました。
そう思ったら急に見たくなって、ちょうど京都に来る用事があったので疎水と周辺の別荘を見に来た。
疎水は南禅寺の前まで流れていた、疎水の周りには明治時代の特権階級の別荘が何軒かあります、その中の一軒が山形有朋の別荘、無鄰菴の庭は疎水から引き込まれ庭の中を水が流れています、別荘は一般公開されていると聞き見に来ました。
ボクがこれに興味を持ったのは歴史建造物の見物で来たのではなく、あの時代の山県有朋の庭に対する思いを見たかったからです、山県有朋は軍人、明治の政治家として広く名の知れた人でしたが、ずいぶん庭作りには思いがあったらしく山県有朋の風流な人柄に興味を感じました。
聞くところによれば、庭作りを受け持ったのは七代目植治(小川治兵衛)でしたが、仕事を小川に任せっ切りにしたのではなく、あくまでも自分の考える庭作りを作らせたと聞きました。
さらに南禅寺の奥右側に琵琶湖疎水が流れる水路橋があります、レンガ作りの水路橋はヨーロッパによくある水路橋です、まさかレンガ作りの水路橋が日本にもあるとは思わなかった、サイズこそはたしかに小さかったけど ちょっとビックリ物でした。。