FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

どういう価値観の違いからこうなるのか? 

これはずーっと以前から感じていたことなんですが、どうしてヨーロッパの街並はこんなにきれいなんだろう?
特に有名な観光地が特別にきれいだとかではない、名の知れない田舎の素朴な風景がすごく良い、公園なんかも日本の比じゃない、また当たり前の日常の雑貨物もことばでは説明しがたい粋なセンスを感じる。
結論から云えば、今の日本は雑貨物は良いとしても日本のこれらの風景は完全に壊れています。
これはどうしそうなるのか?文化が違うと云えばそれだけでことは済むが、単に文化が違うだけでは片付けられない大きな問題がそこにあるように思えて仕方がない、それは生きて行く価値観がどこか違う気がする、というか日本にはその価値観がないように思える。

日本の地方の国道沿線風景は壊れていると思う、通行の多い国道沿線で乱立する激安ショップ、ファーストフード店、ファミレス、マック、回転寿し、看板がズラリと立ち並ぶ国道沿線の風景、日本中どこでも見られる風景だけど率直にこれは美観がない風景です。
日本の田舎風景はかつてのような里山風景の面影はなく何かが失われ壊れた風景でしかない、不思議な事にヨーロッパにはこの壊れた風景ではなく、風情のある風景がまだたくさん残っています。
この激安店の乱立ぶりの風景、あっちにないのは美観問題から規制されてないのか、流通機構が違うからないのか、世論が嫌ってないのか、ただないからないのか、そこは分からないけど「ないものはない」。
でもヨーロッパではあまりケバケバしい看板は見ないし、窓際に布団とか洗濯物は禁じられている、しかし日本の団地風景にはこれらがズラリと並ぶ、布団、洗濯物、子どもの三輪車、エアコンの室外機、行き場のない植木鉢、これらは休日の典型的な団地風景になった。
湿度の多い日本では天気の良い日は布団を干す事情は分かる、でも外から見たら悲しい風景です。

日本の公園はひどい、反面、ロンドンの公園は日本に比べたらパラダイスに匹敵する。でも日本の公園はトイレの数が多く探すに苦労はないがあっちは少なく頻尿症には困る。

あっちは窓に布団とか洗濯物はない、街道沿線にコンビニとか激安店はない、公園がすばらしい、この価値観の違いは何なんだろうか?どこで日本はこう云う事になったのか?
日本は生活水準、文化レベルがヨーロッパにくらべてそこまで低いとは思えないが、どうしてこんなことになったんだろうか?昔から疑問に思っていたこと。