FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

DMMの英語学習 

わが家では今英語の学習熱が高まっています、学習法はスカイプを使って講師と毎日、25分会話する内容です。
ことの始まりは、今、娘の大学春休みで、時間があるなら今英語でも集中して勉強したらどう?と家内が働きかけいろんな英語学習教材をネットで片っ端から探したことから始まりました。
世の中で一般に英語学習といえば駅前留学とかECCとかネイティブ(英語が母国語の人)の先生が教える英語塾はやはり冷静に授業料を考えると毎日やれるような気軽な金額ではない、一回50分とは言えマンツーマンではなくグループ制で一回が2000円くらい、しかも現地に出向かなければならない。(中にはスカイプシステムもあるらしい)
英語学習は兎にも角にも始めたら半年くらいは毎日か週に数回、根気よく集中して話す、聞く、覚える、この訓練を持続しないと最低限の英語力は付かず使いものにならないと思います、あまり理屈っぽいこと、気難しいことをあれこれ言うよりも、どうであれまず英語を日常化させることです、いくら現地にいても日本人とばかり群れていたら英語は覚えません、これは僕の経験から感じたことです。
日本に居ながら塾に通うことは、この条件から考えれば一ヶ月に週一回で1万円くらいかかる、もっと密度の濃い勉強を望むなら一ヶ月2〜3万円かそれ以上かかる、たかが英語を習うには冷静に現実を考えるとメリットのワリに高い気がしないでもない、ここまで払ってでも勉強がしたい人はよほど目的がハッキリした人の気がする。
でもこんなに高いと気軽に長く続けられなく収穫の前にまず金銭的な挫折がある気がするが、英語を習うって本当にそんなにお金をかけないと達成出来ないのか?と首をひねってしまう、もっと気軽で安い授業はないかと家内がネットを探したところDMMの英会話が特別に安い、ことを見つけた。
金額は月4950円で1日1回、8200円で2回授業が受けられる、毎日の予約が可能、一回25分、自由に話すも、教材に沿って話すも、講師に任せるも、講師を選ぶことも可能。ただ唯一の難点は講師がネイティブ(英語が母国語の人)じゃない、場合によって間違った英語を教えられることもあるし、発音に癖がある場合が考えられる。
講師がネイティブか、ネイティブじゃないか、始めはやや抵抗があったけど、現実的に考えたら初級の英会話なんて相手がネイティブか、何であれ、まずは英語で話す練習、聞く練習、アタマに英語の引き出しを作って会話するしかない、だいたい僕らの英語の基礎なんて、そもそもいい加減な学校の英語授業で始めた、あんな授業では英会話が身につくはずがない、それを思えば相手がネイティブであるか、ないか、そんなのどうでもいいようなものだ。
英語を勉強するとは僕の経験で言えば、要するに相手とサシで英語で話すること、サシとは逃げ場がないわけです、英語で自分の意思を伝え、英語で相手が言うことを聞く、グループ制の場合はなんとかお茶を濁すなり逃げ場があって問題意識が低い気がします、つまり相手がネイティブかよりサシであれこれ話す方のも悪くはないと思います。
僕自身、英語会話力なんて大して話せない、でも二十歳の時にイギリス人の家庭で学び、さらにアジアを旅して毎日いろんな国籍の旅人と話して覚えた。
特に根を詰めてしっかり、英文、英単語、英文法を勉強したわけではなく、ちょっとした教材本と日常のやりとりで覚えた大雑把な英語でトエックを目標にしたきちんと勉強した人から見たらひどい英語かも知れない。
でも少しは自信を持って言えることはつたない英語だけど現地でいろんな問題を何度も切り抜けた、いろんな出会いや体験もしてきた、語学ってこうやって身に付けるんだという経験もした、現地ではどんな話し方をするのかのニュアンスも少しは知っている。
でもとにかく僕の弱点はボキャブラリーが少なくヒヤリング能力が話すに比べると劣るから、僕もこの際、旅で英語を話す気分で家内たちと一緒に英会話特訓を再び始めた。
初級コースから始めたが、正直な感想、相手はフィリピン、旧ユーゴスラビア、ルーマニアの講師たちと話します、でも初級でも25分間英語だけでずーっと話し続けるのはそうカンタンではなくちょっとした英語力を必要とします、一般の日本人の英語力からすればフリー会話はまずついて行けないと思います。
自覚的に予習をし自分が覚えたい言い回しを積極的に使うとか、聞くことに集中したり、相手がネイティブじゃないとかなかなかどうして侮れません、これを毎日毎日半年も続けたらかなり英語力が高まるのは間違いないです。
しかし4900円くらいと料金がバカ安が魅力で一回のコストは150円くらいです、しかも毎日出来る、よくまあこんな料金で相手にしてもらえる、つくづく感心しています。
そもそも5000円って価値は一回飲んで食べて終わっちゃう金額です、興味ある方はビギナーか初級から始めて見るといいと思います。