FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

モノを捉えること 

2248.jpg

多摩美大の入試試験にデッサンがあります、特にメディア芸術科はコンピューター中心の講義ばかりで実際にデッサン力を必要とする授業はほとんどないみたいだけど美大に入学するにはやはりデッサン力は必須でこれを習得して試験に合格しないと美大には入れません。
僕は写真家だからデッサンについてはよくわからないけど、デッサンを積んだ人の話では、絵を描くことの基礎なんだけど、それだけではなくもっといろいろ深い意味があるらしく、見たモノをまずカタチに置き換えるため、モノを捉える能力を高める、そのため光と階調表現力も鍛えなくてはならない、、、と聞きました。

話は変わって、写真界では「モノが写ってる」という言葉があります、昔まだ駆け出しだったころ、ある写真家と話した時、「彼の写真はモノが写ってるよな〜」と口にしたのを聞いて、「モノは写ってるってどう言う意味ですか?」と聞き返したら、相手はちょっと困った顔して、「写ってるってことは、モノがモノとして写ってることだ」と答えてもらったけど、僕にはその意味するところが今ひとつわからないままその場は終わった。
それから、、、写真を深めて行くうちにその意味がわかるようになった、その意味は「写真に撮られたモノは見る側に語りかける程。強い存在感を持って写っていること」と言えばいいのかな?
モノを写ってるレベルまで撮れない人に、それはそうカンタンに理解できないと思います、多分いくらもがいたところで描こうとするモノはただ撮っただけで終わる、存在感を持って語りかけてくるまで捉えきれないと思います、でもそれを外さないで撮れる人にはモノが写真の中でしっかり存在感を持って語りかけてくるまで写るわけです。
言うならばこれはちょっとしたマジックです、これはどうしたらできるのか?もちろんブログを読んだくらいでそれができるほど軽い話ではないけどそのプロセスを話すと、僕はすることは、どうしたら効果的に写るのか、どんな設定とどんなスキルが必要か、そこにメンタルな画力が問われます。
まず僕にとって必要なのは光の扱い方と階調表現力です、撮る時、考えがまとまると、意図した通りに写るか、まず撮って自分の考えと現実が一致してるか撮ったものをデジカメの場合、確かめます、修正すべき点が見つかれば修正します、基本的にはまず物体としてのモノから画像として存在感があるモノ、平面世界に変換します、そこで存在感を掴み取っていないとモノは写りません、それが僕にとっては「モノを捉える」行為です。
モノを捉える、これはやはりスキルも必要ですが、やはりメンタルな画力が必要になります、そういう概念が意識の中である程度は学習してそれが日常化していないと思うようにできないと思います。
うちでワークショップをするとき、この概念がほとんど知らない人に、この概念を軽く説明して撮影に入りますが、どうも考えると、ほとんどの人はこの概念についてさーっと1時間くらい説明を受けただけでは分からないみたいです、未体験の人には難しい話かも知れませんが一通り体験してもらって分かる人も中にはいるので、あまり気にしないでやっています。
冒頭のデッサンの話に戻りますが、デッサンをするとは、描いたものを存在感のある画にできるか、デッサンとは上手に描くことと同時にモノを物体から絵に置き換える概念の行為なので、多分僕が考える「モノが写る」これと同じ目的を持ったことなんだと思っています。
美大の4年間はデッサンを必要とする画力が問われる講義はしないとしても、その概念の基礎は身につけてから美大に来て欲しい、そんな大学側の意図が見えてきます。