FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

個展のまさかの落とし穴 

今日で個展を開いてほぼ1週目が経ち、個展の期間をもう1週間延長することにしました。
しかし、ただ期間を延ばしても仕方がないので作品を一部入れ替えることにしました、入れ替え用に出す作品はまだ残っています。
これまで過去の個展は、当たり前の話ですが個展を開くために作品を作っていました、ちょっと変な言い方ですが、作品ゴールはあくまでも個展です、必然的に会場に見応えのある個展空間を作ることが目標でした、でも会場は熟知しています、4面ある壁面の特徴、サイズ、がはっきり見えています、作品制作とはその空間を埋めることを念頭に作品を作ります。この壁に何点、あそこは何点、あっちは何点、という感じで作品を組み立てて行きます。
今回はそうではないんです、もともと個展を意識した作品ではなく本にしたい思いで始めました、作品数は会場を埋める数よりはるかに多くを必要とします、必然的に個展作品よりスケールの大きな作品になります。
ある時、急遽、個展をすることになりました、50点くらいある中から20点も会場に並べられません、どう見せるのかセレクトには時間がかかりかなりアタフタしました、やはりこれまでと会場が違うと見せ方、選び方、個展の考え方は変わります。

そこで気がついたことですが、決まった会場で個展に向けて作品を作ることに一つ落とし穴があることです、今回、初めて気がついたことなんですが、、、、。
今回は個展が決まる前から作品はすでにありました、会場サイズは以前より小さく前より作品点数があります、せいぜい20点くらいしか並べられないところに50点以上作品はあります、さてどうやって50から20に絞るか迷いました、とりあえず作品を絞って展示しました、でもまだ展示されていないけど展示されるべき作品はまだ残っています。
結局、期間を延長して、作品を一部作品を替えて展示します、この作品には自分がまだ気がついていないだけで潜在的な可能性は残されています。こんなことはこれまで感じなかったことでした。
これまでは入れ替えする作品予備軍は残っていません、でも今回は組み方次第でまだ残されています、先に書いたように、展示会場をイメージしながら、これはあそこ、これはここ、これはあっち、そう考えながら作品を作り続けます、これはあまり良いことではないと思います。
作品はもっと無意識に自由に無軌道に作るべきです、先の展示会場のことなんか意識しながらが作るのは始めから限界線を自分で作ってしまったようです、つまらないところで意図したものが作品に流れ込みます、空間が埋まった時点で作品進化は止まってしまいます。
これまで何かをずーっと抱えていましたが、それはこれだったのか、、、と思いました、前に個展をしていた時、個展作品制作に何か作品制作に何か物足らなさとか違和感を感じていましたが、その違和感が何かが分からなかった、でもこのまま続けてもつまらない何かを感じていたけど、その違和感はこれだったのか、、、、とやっと分かった気がしました。