FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

日本人は裏取引がどうも不得意だ、 

ヤフオクで不要になったドローンが想像してた以上に高値で売れた、もう時代遅れのドローンだと思っていただけにビックリしたと同時になんとか売れてホッとした。
ヤフオクについてのついで話、一昔前まで日本には大きな中古品売買市場はほんとんど存在しなかった、あったとしても中古車か古本か中古住宅くらいで中古品はどこか裏取引みたいで、あまり良くないイメージが日本人の考えに染み付いていた。日本に長く住んでるアメリカ人もビックリしてたが日本人は中古品をすごく嫌う国民だよね、、、と驚いていた。
これは僕は前から痛感していたことだった、海外から日本に帰国するたびに、そういう日本的で閉鎖的な習慣にはいつも辟易としていた、インドでは、僕らが持ってる物に目を付けてあっちから「それ売らないか?いくらなら売る?」って勝手に話を先に進めたがる奴がいっぱいの国から日本に帰ると、なんだかここは活気のない国だなっていつも思っていた。
それが30年くらい前からフリマーが出現し始め、20年くらい前からヤフオクが登場して、いよいよ嬉しい時代が来たなって思いヤフオクの登場を心底喜んだ。
とにかく良いのは家に居ながらにして日本中からいろんな不用品が探せるし、家で眠っているだけで使わなくなったモノは気軽に出品できて、それがお金に換えられる本当に便利なシステムだと思っている、例えば今の時代、フィルムが衰退して暗室用品はもう生産中止になった品は数えきれずある、欲しくてももう自由に買えない、その一方かつては暗室をやっていたけど今はやらない人もたくさんいる、家で眠っている使われていない暗室用品は日本中、実は山のようにある、そんな品が欲しい場合、ヤフオクを根気よく見続けるといろんな出物に出会う、気に入ればさっと買える。
ヤフオクでの写真用品は下手な中古カメラ屋よりはるかにストック量が多い、連日いろんな品が出品され、使い勝手がとても良い、そして一般カメラ店より安く買える、僕にとって日本一の中古写真用品店だと思っている。
使わなくなったカメラはカメラ店で下取りするより、ヤフオクの方が中間業者がいない分、高く売れる、安く買える、新しくカメラを買う場合も、不要カメラをヤフオクで売ったマージンで新しいカメラが買いやすくする、実際に何度もそうしてきた。
暗室の引き伸ばし機もそうだった、お目当の引き伸ばし機が出るまでずーっと待っていた、そして遂に格安で見つけてさっと落札させた、これをカメラ屋で買ったら何倍も高かっただろうけど、僕の場合、リサイクルショップから出品されたものを見つけた、彼らは扱い方を知らずジャンク出品していたが(なんの問題なかった)良いものを格安で買った、僕はヤフオクを誰よりも上手く活用し、ヤフオク取引の上級者だと自負している、、、。
何を根拠にそんな自信を持ってるのかここで説明しましょう。
この手のブラックマーケット(闇取引)をするにはそれなりの取引カンが必要になってくる、取引カン、つまり相手を見る目だけど、これはインドで散々鍛えた、早い話がペテン師まがいなヤツ相手にブラックマーケット(レートの高い闇両替とか)を散々やって来たわけです、ヤバい相手、ヤバイ取引、マトモな取引、これらをだいたい見抜ける自信がある、だから僕にとって日本でのヤフオク取引なら相手がなんであろうが、あのインドを思えば、ちっとも心配のないただの遊び感覚です。
時々、人と雑談で、かつてハマったコレクションが家にたくさん眠っている、処分したいけどどうすれば良いのか?そんな話を聞く度に、「ヤフオクに出せば良いじゃないの?」みんなが決まって口にするのは「あれ大丈夫?本当に売れる?お金払ってもらえるの?品がちゃんと届く?」とにかくそれが多い、要はこういうジャンクなブラックマーケットに日本人は慣れていないからそう言う心配が絶えない。
日本ではこの手のブラックマーケットはちょっと前までは表社会には存在しなかった、(昔はたくさんあったけどね)本当にこの感覚に不慣れな国民性だと思う、今はどうか知らないけど、僕らがアジアを旅してたころ、現地では定価という概念がなく相手を見て値段が跳ね上がったり、ボッタクリしたり、そんなブラックマーケットは普通だった、そんな奴らとどう渡り合えるのか?そこがアジアをうまく旅をするテクニックとなる。
あの当時のインドではタクシーは一般にメーターはなく事前に交渉して乗るのが普通、でも目的地に着いたら、最初の交渉価格がなんだかんだと何癖を付けて目的地で跳ね上がる、これはインドでは当たり前の話、日本人はこれにやられ、だいたいは相手の言いなりに払う、西洋人たちはそれを不思議そうに言う。「え?なんで払っちゃうの?そんなの払うべきじゃないよ、」と彼らからバカにしたように言われる。
こればかりはどうしようもない、日本人のビギナー旅行者は大半は相手の言いなりの被害に遭う、だから日本人は彼らの間でいいカモになる、それでインドが嫌いになる人が結構多い、文化の違いか西洋人はそれにすごく慣れている、そんなインド人なんかまったく相手にしない、あっさり最初に決めた値段だけ置いてその場を去る。
インド人との戦いに明け暮れた旅を何ヶ月も続けると、そのうち彼らの手口は慣れてくる、何か魂胆、企みを持ってるヤツはだいたい分かる、その企みをどうかわすか、かわし方もだいたい分るようになる、そのテクニックは日本社会でそのまま使うとすごく嫌われる、実際に自分の家を建てる時、相手との交渉でそれがすごく役に立った、200万くらいは多分無駄金を払わずに済んだ気がする、でも相手からすごく嫌われたハズだ。

正直言えば僕はパソコンやスマフォを攻略するより、この手のペテン師を相手に手玉に取る方がはるかにアタマが働く、さて、ヤフオクに話を戻そう、ヤフオクで物を買う、売る、特に高価な取引の場合、相手の過去評価をしっかり見て取引は慎重になる、悪いが多くても必ずしも悪いわけではない、どうして悪い評価なのか?そこをしっかり評価歴をじっくり見るとだいたい見える、この人はどんな人なのか、その人のやり方、クセ、人となりがだいたい見えてくる。
詐欺クセがはないがドタキャンがすごく多い、出品説明と実物とのギャップが激しい、取引がルーズでなかなか入金しない、約束を守らない、逆に評価の悪い人で、みんなが敬遠するけど、この手のタイプは問題ないと判断すると安く買える場合もある。
アジアを長く旅したおかげで、この手のブラックマーケットに必要な取引カンが旅の経験で育まれた、その結果、何でもカンでも安全で管理された買い物ってスリルがなくて退屈でツマラナイ、物を買うにも交渉して相手と戦ったり、安く買える、高く売れる、そんなジャンクな交渉取引の方が僕は楽しいしスリルを感じる。
仮に取引き相手からひどい目に遭っても僕は腹は立たない、仮に被害があっても、そんなの遊びだと思ってる、時々厄介な取引相手に出会うこともある、でも今まで安く買えたことは数え切れないほどあっていい思いをした分、たまにはこう言うことだってないとね、、、、って思って終わる、だから僕はヤフオクで今後も上手く売って、上手く買い物ができる自信があるし、ヤフオク上級者をこれからも自負する、アマゾンでさっと買いものするより好きだ、、、、。
どうしてこの手のブラックマーケットが僕は好きなんだろう?多分、決められた代金をさっと払ってさっと品物をもらって終わるより、買うためにあれこれ駆け引きしたり、ハラハラしたり、騙されるか、きちんと払ってくれるか心配したり、上手く勝ち取ったり、叩かれたり、こう言う売買の方が人間の欲得、狡猾さ、人間の裏表が露骨に肌で感じ、スリルがあって僕には楽しいんじゃないのかな?