FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

軽佻浮薄な時代 

88787.jpg

https://news.yahoo.co.jp/feature/1293
上のURLはジブリの鈴木プロデューサーのインタビュー記事です、鈴木さんは平成とは軽佻浮薄な時代だったと語っています、とても興味深いインタビューなので興味があれば是非読んでほしいと思います。
いよいよ平成もあとわずかで終わりです、でも今回の年号移行は昭和の終焉と違って天皇崩御がなく空気が暗くなくて気が楽でいいですね、あの時はテレビ番組はストップし国中が黒縁に覆われた感じでなんだか、ジメジメ雨が降るようで気が重かった記憶があります。
さて、この鈴木さんのインタビューを読んで平成について考えると、そこにまつわるいろんなモヤモヤした気持ちとか、不明瞭なことが一気にクリアーになった気がしました、どうして僕が平成が好きになれなかったのか、そこがはっきりしたし不明瞭だったことが一つの言葉でくくれる気がしました。ハッキリ言えば平成は昭和に比べて鈴木さんが言うように軽佻浮薄を助長させた時代だったと思う。
でもだから昭和が良かったとまでは言わない、それが軽かろうが重要なことはたくさんありました、例えば今時代の真っ只中のSNS文化はあらゆる軽薄さを助長し、僕個人的には好きになれないけど僕だってこうしてブログを書いている訳ですし平成の軽薄さがもたらした文化の恩恵と利益はやはり侮れないです、軽薄だと言ってあっさり片付けてしまう、その思考そのものだって軽薄なのかも知れないです。
さてどこから話を進めれば良いのか、、、、昭和の時代をカンタンに例えれば、蒸気機関車のような社会だった気がします、その原理で物事は動いていたような気がします、蒸気機関車がこの世から一斉に消える時、僕はそれを見届けていましたが、どうしてそれが消えるのか理解に苦しんだけど、今思えば消えて当然の動力原理でした。
その動力原理とは石炭で湯を沸かし蒸気圧でピストンを動かしその動力で機関車は走る、今思えば信じられない話です、そもそも非効率な原理で、機関車に石炭と水をいっぱい積んで、それを人がスコップでせっせと汗しながら石炭を釜に放り投げながら走る恐ろしく原始的な機関車で、それは消えて当然な非効率な動力です。
昔は便利でまともなモノがない時代でした、何でもかんでも人の手や動物の力で作業をやっていた時代でした、重たい荷を人が担いだり、木をノコギリで切ったり、車や機械や家電品の修理、これらはみんな職人の熟練作業で賄っていました。
何でもかんでも人の手作業で世の中は動いていました、大人になるとはそんな手仕事が一通りできることを意味する時代感覚だった、それがそれまでの物事の感覚でしたが、平成になって、その生産感覚が退化し、体を使って何かを作る、修理する感覚からどんどん遠ざかってしまった。
修理するより買い替えたほうが手っ取り早く、なんだって買えば済む時代になりました、製品の作り手は町工場から大きな工場で大量生産されたものに変わり、そんな大きな工場で働く人は職人ではなくロボットみたいになった、もはや職人が物を作るんではなくシステムが物を作る様になり、人はシステムを管理して物を作る時代に変わった、それは工場だけの話ではなく社会全体がそうなった。
下町から小さな下町工場が消え、職人たちは職を失い、大工はパーツ部品を組み立てるだけの家作りに変わり、手で物を作ることが世の中から消え、いつしか世の中の大人たちは物作りが出来ない大人社会になってしまった。
物が作れなくなったどころか、重たいものは持てない、固いものは削れない、切れない、土が掘れない、スコップなんか使ったことがない、ノコギリもあまり使ったことがない、カンナなんか使い方すら知らない、そんな物が作れない大人たちばかりの社会になった、そんな親に育てられた子供たちも当然物作りを知らない子供たちばかりになる。

僕自身も最近まで気が付かなかったけど、モノが作れないこととは、僕らが思っている以上に人間の元々持っている能力をダメにするんだと思った、逆にモノが作れるってことは僕らが想像している以上に人間の能力を培うんだとやっと最近気がついたわけです。
僕は一時期、家具を作る仕事をしていた、プラモデルのように、既成部品をただ組み立てるだけの作業ではなく、木材を始めから自分の目で選んで、それを自分で切り刻んで素材を作ります、つまり素材から作って組み立てて製品に仕上げていく作業です、その過程であらゆる危険な道具を使います、道具を上手く使いこなせないと仕事になりません、時にして電動ノコギリで大きなケガをします、うっかり指を飛ばすのはわりと普通のことです。
昭和の作業とは事故が背中合わせでした、物を作ったり作業をするとは事故の危険と隣り合わせで身の安全を確保し注意力が必須で物を作る、作業をするとはそう言うものだと思っていました、当然それに必要な勘を養うのは必須です、注力がなければ大きな怪我をします、刃物研ぎが悪ければ作業が捗りません、削れない、加工ができない、職人とはモノが作れるだけではなく道具が使いこなせる技能者でもありました、それができてやっとモノが出来たのです。
物を作るとは道具と素材との戦いであり向き合いだったんです、同じ木材でも場所によって使い方は様々でした、腐りやすい、腐りにくい、硬い、柔らかい、それによって考え方と使い方が変わります、職人はそこを読みながら考えながら作業をします。
物を作るとは快適な作業環境をどうしたら作れるのか、そこを考えることから始まります、職人とはカンとアタマを使う仕事です、僕はそんなことは職人として当たり前のことだと思ったけど、その思考力がまるでないのが平成の大人たちです、平成の大人たちは生きていくために最低限必要な能力が欠落してるようにさえ思います。
これがあるか、ないか、その能力の違いは多分、僕らが想像している以上に大きな違いがあります、この能力がないのは狩りができない野生動物のようなものです、都市機能が停止したらどうやって生きて行くんだろうか?と思います。
昔はモノがないから工夫をして自分で作ったり、物を大事に注意して使ったり、修理して使い続けていました、とにかくモノとは大事にしないと壊れる、その前提で物を使ってきました、昔の人たちは物に対し大事に加減して使う感覚が普通にありましたが今の人にはこの加減感覚が分からなくなったように感じます。
今と昔では物を買い換える感覚が違います、昔は壊れたから、劣化したから、買い換えていましたが、今はOSが古くなってまだ十分に使えるんだけど買い換える、賞味期限が切れたから捨てる、感覚が昔とは違います。そう言う人たちの時代感覚ってやはり物事に対して感覚がやはり軽い、物作りを知らない机仕事で生きてる人間って何か実態から欠落してるように思えます。
それについて鈴木さんは語っていたように思えました、つまりジブリ作品とは町工場で産み出された世界だったと思いました。