FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

英語の遊び感覚学習法 

久しぶりに英語学習について雑談を書きます。
二十歳の頃、イギリスに1年くらい滞在したけど、たいして真剣に英語を勉強しなかったからそこで覚えたことはたいしたものじゃない、イギリスで話す環境にいた時、勉強なんか特にしなくたってアタマに自然に入るものと思っていた、でも後で知ったのは自覚的にもっと真面目にやっていたらもっと話せたはずと後で少し後悔した。
僕が会話力を海外で何とか使えるまで上達させたのは実はイギリス生活体験より、2年くらいアジアのバックパッカー旅行体験の方がはるかに実戦で使えるようになった気がする。何れにしてもイギリスで真剣にやらなかった後悔が僕を動かしているのは確か。
英会話力上達の秘訣は、どうであれ「一定期間、英語を使わないでは済まされない環境に身を置く経験をする、そして生きた英語を体で体験すること、」これをしないといつまでも話せない、これは習うよりスポーツのように体が覚えるものなんです、また現地に何年もいても流暢に話せない人にもたくさん出会ってきた、現地にいて日本語が中心でいつまでも覚えない人は実は案外多い、要はどれくらい吸収したい気があるか、どうか、にかかっている、僕の場合、その後悔が今になって毎晩英語学習をさせている動機です。
家族からも時々「よく続くね、、、」と言われるがそうは思っていない、ただ好きでやっているだけだ、強いて言えば、英語学習を遊び感覚にできるか、どうかが続けられるか、ヤメちゃうかの分かれ道だ、それを思うと学校の英語学習は楽しくないからみんな続かない、まずあの退屈な学習感覚からいち早く卒業すべきだと思う、英会話の楽しみ感覚に出会わなきゃ勉強は続けられない。それができるかどうかがカギです。
でも僕自身、毎晩やってるわりにアタマが少しも吸収しない、現地で暮らせば覚えた言い回しはすぐ使って感触をつかむ、次にフレーズを変えてまた使う、そして感触をつかむ、この繰り返しでどんどん吸収する、気がつくと話せるようになる、語学吸収のコツはそのフレーズのニュアンスを一緒に覚えるように心がける、僕なら単なる丸暗記はとても無理、手に負えない。
時々電車の中で高校生たちがテスト前に一生懸命に単語カードをめくって勉強している姿を見るが、あんな勉強法が成り立つのはまだアタマが若いからだ、僕には絶対に無理、単語を覚えるとは単語にニュアンスを添えないと効率よくないことが散々失敗してやっと分かった。
やはりやっていれば、あることに気がつく、さっと覚えることと、いつまでも覚えないことにきちんと分かれる、さっと覚える場合、そこにニュアンスが必ずある、「ああ、それはおもしろいフレーズだ、会話の時に使ってみたい言い回しだ」そう思えたらさっと覚えてしまう、そうじゃないリストに挙げたような単語はなかなか覚えない、少なくとも僕のアタマはそう言う構造で出来ている。
例えば、desperate(形容詞) 自暴自棄 捨て鉢な、と言う単語がある、これだけでは覚えつらい、単語の使い方、単語の持つニュアンスを一緒に覚えるように心掛けすれば、わりとアタマに貼り付きやすい。
Don't be so desperate、→ ヤケクソになっちゃあ、ダメだよ、
または、to be in a desperate situation、→ 状態がせっぱ詰まる、
単語はニュアンスを伴って生き生きしてくる、つまりフレーズを生きた言葉に置き換えて、いつかこれを会話で使ってやろうと思いながら覚えると、わりとアタマに貼り付くことが多いのを学習を何度も重ねて気がついた、逆にニュアンスが伴わない学習は僕の場合は単なる苦痛でしかない。
もう一つの例を挙げれば、As you know he is not so stupid at least, →あなたの知っての通り少なくとも彼はそこまでバカじゃない、、、ここでは使ったat least は少なくとも、と言う意味ですがこれは使い勝手の良い言い回し、またAs you know、これは知っての通り、、、と話の冒頭に使い勝手のいい言い回しです、まず使い勝手の良い言い回しをいくつか覚えて使うと会話は流暢になるコツです。

また、英語学習する上でもう一つコツをお話しします、なかなか思い通りには出来ないだろうけど、これは重要だからアタマの片隅におくべき、私たちが学校で仕込まれた英語感覚は、日本語をそのまま英語に直訳して伝えられると信じ込んでる非常に無理な考え、カンタンなやり取りならなんとか通用するが、内容が複雑になれば、この思考クセは足を引っ張るだけで助けにはならない、出来るだけ早く卒業した方が学習が効果的だと思う。
とは言え、海外生活経験がない人にそれを言うのはきつい話だと思うがそれが現実です、英語と日本語は言語発想がまるで違う、ニュアンスが重なる部分も少しあるが、重ならない部分の方が多い、日本語は日本語、英語は英語、単語直訳は限度があると思った方が良い、単語の並べ方もまるで違う、訳して意味不明な場合は日本語発想は一旦忘れて、これはこういうものなんだと受け入れるしかない。この考えのまま英語学習を続けると壁にぶつかる、英語学習するなら出来るだけアタマも英語脳に換えた方が理解がスムーズになる。