FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

箱根峠自転車踏破 

今日は旅の話は一休みして箱根峠自転車踏破の話です。
経緯から書けば、ジョギングを毎日してたら足首を痛めジョギングは控えることにした。しかし何か代わるエネルギー消費運動を定期的にやらないと僕はあっさり太るタイプで始めたのが自転車坂道トレーニング。
近くの坂を毎日5〜7往復している、1回の登坂が300mくらいで毎日2Kmくらい坂路トレーニングしている事になる、不慣れなころは一回登るだけでも精一杯だったけど慣れると5回でも10回でも登れるようになった、でも10回もやればうんざりするからやらないが体力的には出来ると思う。
自転車の登坂は体力勝負だけど、実は体力だけではなく自転車登坂スキル次第だ、立ち漕ぎと座り漕ぎを上手く使い分ける、立ち漕ぎの場合は漕ぐより体重を上手く使って進めばいい、よって軽いギアよりやや負荷のかかるギアの方が登りやすく、体重を上手く使って登れたら坂道はわりと行けそうに感じ、これなら箱根越えも夢じゃないなと思った。

昨日決行した、鎌倉ー箱根湯本間は自転車は輪行、袋収納して電車移動して湯本に到着し、そこで自転車を組み立てる、箱根湯本から芦ノ湖までの往復、距離にしたらわずか片道11,5 Kmとそんなにはないが高低差が結構ある、箱根湯本92m最高地点795mだから約700mの落差を自転車で登る。
あまり早朝に出発しても道路凍結していたら危ないので多少ゆっくりめで10:00に湯本到着、自転車組み立てに30分費やし10:30にスタートした、思ったよりスイスイ進み、宮の下くらいまではわりと苦もなくスムーズに登った、しかしその後の小涌園から疲労が出始め、立ち漕ぎは出来なくなりギアーを軽くして座って登った。
立ち漕ぎは負荷のあるギア比を選び、体重をかけて登るので効率よく進むが、座り漕ぎは負荷がかけられず進み具合が ゆっくりになる、要はどれくらいまで立ち漕ぎで行けるかがカギだと思った、立ち漕ぎを普段から鍛えギアーがどの辺りが調子良いか練習していないとこの挑戦はまず無理じゃないか、それさえやっておけば、これはさほど厳しい挑戦でもない気がする。
宮の下まではわりに順調だったがそれ以後はペースダウンし、小涌園から芦ノ湖までがやけに遠く感じた。
芦ノ湖で軽く昼食を食べ復路に向けてさっと出発した、ここから少し登るがほとんど坂道を降りるだけ、調子に乗って飛ばして路肩で滑って転けて事故でも起こしたら大変だ、車がいない時は慎重に慎重に道の中央を走るようにした。
登りで汗ばんだのでシャツはやや濡れた、これから下りは冷える、下着を着替えて下り走行に備えた、上半身の防寒態勢はしっかり整えたがやはり体力を燃焼しない分、体が冷え下半身は特に冷えた、坂をバンバン走るため膝が最も冷えたが、このまま湯本まで突き抜けた、時計にしてわずか35分くらい。あれだけ飛ばしてもなんと30分もかかったから湯本ー芦ノ湖は15キロはありそうだけど地図上では11キロ少々になっている。
ちなみに気がついたことだけどコロナの影響で箱根観光客は著しく減り街は閑散としていた、僕の見た範囲で悲惨だったのは国道を走る定期バスはどのバスも乗客は2〜3人かゼロの状態で虚しく走っていた、ここまで乗客がいないなら走らせるだけムダなのは誰が見てもはっきりしている、ならば便数は減らすべきじゃないか?と思うが、事情があるのか、そうではない。1時間に何本も空バスが忙しく走り回っていたが、どう考えても意味のないことだと思った。
ちなみに僕は翌日まったく筋肉痛に悩まされることがなかった。