アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

日本の淡水カメ事情 

isigame-3.jpg

前回は遊園地事情を書いて、この時代、日本にはあらゆるところで日本の在来種は外来種に押されている話を書きました、それをカメに例えて書きましたが、ついでだから日本の在来カメの話を書きます。
日本には沖縄を除いて、生息する淡水カメは帰化生物以外ではクサカメとイシカメとすっぽん、このわずか3種だそうです、クサカメは日本固有種じゃない、多分スッポンも大陸にいると思うけど、イシカメは貴重な日本固有種です、ちなみにそれが今や絶滅の危機に瀕しています。
アップした画像はネットで拝借しましたが、他のカメとの違いは甲羅うしろに鋸歯と言ってギザギザがある、これはクサカメとかアカミミカメにはないです、またアタマの先端は他のカメより尖っています、黒というより薄い茶色が特徴です。
むかし、このカメを飼ったことがあります、僕の印象は他のカメに比べてカタチがきれいで人にあまり懐かないところが僕の好みでした。
世の中で一般にゼニガメと呼ばれる子ガメは普通クサカメの子どもです、稀にイシガメが混じってるかも知れないけど、この時代多分それはないと思う、それはイシカメは今や貴重な滅危惧種一歩手前のカメだからです。野生でもいるとこには結構いるらしいけど、池や沼地が世の中から消えたから昔に比べて野生のイシガメはクサカメに比べたら本当に数が減っているそうです。
昨日のブログに書いた通り、ペットショップでミドリカメがそこらで売られ大きくなって飼えなくなって池に放流され、それが野生化して今やアカミミカメ(ミドリカメ)ばかりになったそうだ。
ずいぶん前にテレビ番組でアカミミカメがどうしてこんなに異常繁殖するのかその秘密をテレビで検証番組があって、それを見てたら日本のカメと明らかな違いが映されていた、それはカメは俗に「池の掃除屋さん」と呼ばれるのは死んだ魚や淡水動物の死骸や池の植物を食べる雑食性動物です。
日本のカメは死骸を漁るだけで決して生きてる生き物、ザリガニなんか襲って食べないんだけど、アカミミガメはそうじゃない、集団でザリガニを取り囲んで襲って食べる事実を見て唖然としました、ザリガニはハサミを使って抵抗するからそうは簡単には食べられたりはしないはずですが、アカミミガメのどう猛な戦いぶりはそれを超えて凄まじい、集団で襲って最後にはあのザリガニの抵抗は虚しくアカミミガメの攻撃にはまったく歯が立たずきれいに食べられた画像を見たことがあります。
思ったのは日本の生き物(人間も含めて)は大陸の生物にくらべて基本的におっとりしてるのかな〜と思った、以前インドとか中国、つまり人口が爆発的に多い国を旅して感じたのは、人口の多い国の生存競争は日本人には想像を絶する世界です、これは冗談抜きに自分の目でそれを見ないことには理解の範疇を超えています、彼らは生き延びるために凄まじいことなんかなんだってする事実をこの目で何度も目撃しました。
そんな事例は山ほどありますが、その一つ、インドや中国は長距離列車の席を手にするのは至難の技です、一つの席を大勢の人が奪い合いをします、その席取り合戦は日本人の想像なんかはるかに超えています、駅に大量の人がなだれ込んで列車がホームに入線する時、、、人はまだ停まらない列車に一斉に群がります、列車が停まった瞬間、大量の人は入り口ではなく窓から駆け上って一斉になだれ込むんです、とてもじゃないけどこんな連中相手に勝ち目なんかあるわけないから最初から指定券を高い手数料を払って買うしかないです。
人が集まる場所ではこんなことは日常茶飯事で、人口の異常に多い国の人間なんて、一人一人に人権とか人間性なんて悠長なことなんか言ってられない事情があります、そこでは生存競争の露骨な姿がそのまま見られます、日本だってラッシュアワーの新宿、池袋駅は世界的に有名だけど、あんなのは中国に比べたらまだ生ぬるいです。
中国人があんなにもガラが悪いのかは中国に行けばすぐわかりますがそれが理由です、今は国も豊かになって変わったと思います、中国人全員がそうではないにしても、あの国の生存競争の凄まじさは日本なんか比じゃない、アカミミカメと日本の在来カメの違いを見ると、それが重なって見えて仕方がないです。
さて、カメの話に戻します、アカミミカメは中国産ではなく北米産です、日本のカメではクサカメはわりと人に懐きやすいカメです、馴れれば手渡しで餌を食べますし図々しいくらいまで馴れます、イシカメはそうじゃない、なかなか馴れてくれません、餌をあげても近くでじーっと見ていれば餌はあまり食べません、クサカメとかアカミミカメに比べてその生存能力が恐ろしく弱々しいカメです、数がずいぶん少なくなった理由はその気性、生態からわかる気がします。
そんなイシカメ君にはいつまでも健在でいて欲しいばかりです、外来種と在来種の生存力の違いは動物界、人間界にも共通点を感じるのは僕だけかなのかな、、、と思います。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/1961-93fd2ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)