FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

枠にはまらない方々 

img9411.jpg

昔まだ仕事がなにもなかったころ、コネなんかないし、横の繋がりもないし、非現実的な少数民族の作品でカメラマンデビューしようとしてたころの話です。
こんな写真で広告の仕事を取ろうと考えていたのは世間知らずというか、少なくとも広告というものが何もわかっていなかった、でも逆に最初から広告写真とはこういうものなんだと変に知ってるより、何も分かっていなかった方が返って良かった気もするけど、現実問題、広告の仕事がもらえるまで苦労した。
始めは作品を見せる相手がどんな人が適切か、そこまでよく考えず(自分なりに考えていたんだけど)とにかく会ってくれるならどこでもブックを見せに作品を持って歩き回った、一通り見てはくれるんだけど、なんだかピンと来ないような顔をして、帰るときは「はい、おつかれさま」って感じで見送られた。
なんだか場違いな所に来たような、、、、そういう人に作品を見せて話しをしたところで何も伝わって来るものがない、 少なくともそういう人たちとこれから何か起きそうな感じがまるでしない、何件か作品を見せて歩くうちにだんだん分かった、面白い仕事をするADは非現実的な作品でも、こちらが真剣に撮った作品なら、それが何らかの見せる力を持っているなら、結構マジに見てくれた、とにかくマジに見ている、時にはすごく褒めてくれたりして、僕はこんなものでも随分と自信をつけられた、でもパッとしないAD と言ったら失礼だけど、早い話、現実的な仕事、はっきり言ってパッとしない仕事に日々追われているADは少数民族の写真なんか見せたところで接点はまったくなかった。
少なくとも僕はそれを見せて、「さあ、これから少数民族で広告を作りましょう」なんて当然これぽっちも考えていない、その作品が現実的に広告作りに対して直接的か、よりもとにかく作品とは少しでも突き抜けた作品を持って行きたいと思っていた、そこらで撮ったバタ臭い作品なんか持って行っても相手をがっかりさせるだけでつまらないと思っていた。
つまり作品の僕のメッセージとは、広告ってとにかく縛りの多いものです、多くの作り手はその縛りに埋没して、グラフィックが本来持っているべきグラフィックのパワーみたいなものが死んでしまったものが多いのが現状です、僕はかっこいい画像を撮りたい、というメッセージを込めたものがこの作品になったわけです。
でも結果的に僕は退屈な仕事はやりませんよ、と宣言していたも同然で、それではなかなか仕事なんか出してもらえるわけがない、また少数民族で文化人類学なんかを広告に持ち込もうとしてたわけではない、でも現実そんなマト違いなメッセージを良いように感じ取ってくれた ADなんてほんの一握りでした、僕がピンときた人たちは結果的に世の中ですごく優秀な人たちだった。彼らはやっぱりどこかで突き抜けていたんだな、、、、、、と今になってしみじみ思います。
でも最近思うんですが、そういう人って最近減った気がします、何かみんないいように収まってしまったような、 昨日も少し書いたように、広告を作るってことはたくさんの縛りでガンガラじめ状態です、でもそこだけに埋没しないで自分の能力の発揮どころを伺っているような、僕が作品を見せて歩いたころはそんな枠だけにはまらない、どこか突き抜け感が発散してしていた方々がパラパラいた気がします。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/1972-86b8d91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)