アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

展示とはどういう意味があるのか、 

およそ1ヶ月間近く展示した「fomaのモノクロ写真館」は一昨日終了しました。
営業日のほとんど欠席しないでずーっとギャラリーに僕は張り付いていました、でも連日、盛況だったわけでもない、正直な話、普通に考えたら少なすぎたくらいで、後半の平日は通行人が2~3人のぞき見程度で1日が終わった日も何日かありました、売り上げゼロの日は何日もありました。
でも幸いにして展示の中休み日に広告撮影があったから収入は確保したから、ギャラリー売り上げはガツガツしなくても済みました。お金に余裕があるから気楽だった、ないから気楽じゃない、そこまで節操がないわけではない、「絵を売るとは目先のお金は考えない」そういう気持ちでやっていますが。
始めから展示はどんな数字が出てもガッカリしない覚悟の上で始めています、さらに今回は過去の額サイズ、写真サイズからこれまで経験がない小さめサイズに思い切ってしサイズダウンした、値段も5万円から3万円台にまで下げて、オリジナルプリント販売の常識やプライドをすべて退けて実験をしてみました。
正直な話、フタを開いて予想以上の売り上げが出ました、僕ら無名写真家ではこれがまあ妥当な価格帯じゃないかなと実感しました、もし仮に1点7万円で半分の売り上げ点数で数字は今回とほぼ同じだとしても、僕の作品を一人でも多くお客さんに渡る方が僕は嬉しいと思いました。
今回サイズダウン、価格を下げた理由は、これまでやった経験から感じたのは、一般家庭に気楽に買って飾ってもらえるサイズって今回のサイズくらいが妥当じゃないかとやっと気がついたからです、むしろこれまでそんなことすら気が付かなかったこと、自分中心にサイズを決めていたことに違和感を感じました、やっと地に足のついた自分自身で考えてサイズと価格を割り出しました。
しかし、しっかりした額を付けてきちんとしたアナログオリジナルのプリント作品をこの値段(38000円)で販売することは、東京の写真ギャラリーなら考えられないだろうし、成り立たない金額だと思います。
そんなのはこっちの自分勝手な言い分です、買ってくれるお客さんの住宅事情、財布事情を考えて、果たしてこれまでの考えは地に足のついた真っ当な考えなのか?とあれこれ考えた結果、もっと気軽なモノにしたらどうなのかと今回の実験に至りました。

それと精力的に展示する目的は、単に売れる、売れない、展示が評価される、されない、これら現実的な結果にこだわりすぎるだけは、つまらない考え方です、そもそも今回もまったく赤字覚悟で始めました、もし本当に売り上げ目的な考えだけしか展示ができないなら、これは作家としてはちょっと情けないと思います。
もちろん、作品展示を通して、作品販売を通していろんな人と自分の作品のコミュニケーションが取れます、作品を買ってもらって家に持ち帰ってもらって、作品がそれぞれの家で存在感、オーラを発散してお客さんの心に問いかけてくれれば作品の役割、作り手の役割は果たせます。
またギャラリーでは期間中に一人や二人、面白い訪問者の出会いが必ずあります、これは買う買わないではなくこれも貴重な出会いです。
僕にとって作った作品を考える、次は何をすべきか、自分にとって作品は何なのか、何がお客さんを買う気にさせるのか、そういう大事なこと、つまらないこと、普段では考えられない雑多な思考をお客さんが来ない時、一人静かに考え自分に向き合う時であり場なんです。
それは生活の場、家で考えるとは意味が違います、作品に囲まれた環境だから考えられるんです、そういう時、本当に用もない役に立たないこと、妄想に近いこと、時には自分の作品の無力感も含めてあれこれ考えます、展示中マイナス要因は基本的に考えませんが、やはり把握しなければならないマイナス要因はこういう時に一人静かに向き合って考えます。
でもそんな生真面目なことばかり考えているわけではなく、楽しいこと、お茶目なこと、素敵なこと、カッコいいこと、ときめくことも一緒に考えます。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/1991-7944ed14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)