FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

衆愚政治とは何を指すのか? 

今日は選挙、今回はどうしてか、都知事の小池さんが国政選挙の中心人物になっています。
都知事がどうして国政選挙にここまで顔を突っ込めるのか?しかも新しい党を立ち上げて自民党と真っ向から戦っていますがその根拠と目的が今ひとつよくわかりません。
今日は政治の話題にしたいと思っています、でも僕は政治のことは何も分かりません、選挙も正直な話、どこに入れればいいいのか困ってしまいます。
日本は今言わずと知れた民主制国家です、封建制度、独裁制から見たら国民が自分の意思でその国のトップを選ぶことができるこの制度は確かに素晴らしいには変わりはないんですが、どうもそうカンタンに喜べないものも同時に抱えてしまいます。もし仮に本当に素晴らしい人格で有能な政治家が独裁国家のトップになったなら未熟な民主政治よりも独裁政治の方が国にとって良い政治ができるんじゃないかと思います。
だって思うんですが果たして国民の1票1票がきちんと熟考の下に選ばれた票なのかと言えば、それは果てしなく疑問です、衆愚政治って言葉があります、いわゆる民衆が愚かなら政治家も愚かな人が選ばれると言うことです、今の日本がそうだとは言わないけど、この前のアメリカの大統領選はまさに衆愚政治の見本のような気もしました。
フェイスブックなんか見てると今の安倍政権とか自民党の批判記事をよく目にします、あなたたちは気がついていないだけで、この政権は国民を欺いているだとか、安倍さんはバカだとか、ウソつきだとか、トランプの言いなりだとか激しい批判をそこらで目にします。
それを書く人って、果たして本当に政治を批判できるくらい知識があって批判を書いてるのかちょっと首をかしげます、僕は自民を応援してるわけではないけど、それを読むたびに、誰かの言い分から引っ張ってきた受け売りとか単なる感情的な批判ならやめてほしい気はして見ている、本当のことって一体なんだろう?て思います。
数年前に鳩山さん民主党政治になって自分の政治の無知の実態を思いました、あのころまでは僕は自民党は日本人的保守的な体質な気がして自民党を嫌っていました、民主党なら自民党より新しい時代が来そうで希望がある、自民党より良い政治になるだろうと大した根拠もなく期待して民主党政権の誕生を心から喜びました。
しかし、実際に民主党がやった政治はどこかお粗末な結果に終わった気がします、僕は民主党の政治、改革実現力、これらをちゃんと理解して支持してたわけではないのです。たんなるなんとなく希望的憶測でしかなかったのです、まそれが世の中の現実だとは思うんですが、、、、、。
今、みんなが安倍政権についてフェイスブックとかマスコミでいろんなこと言っています、じゃあみなさん一体どこまでその中身を知って批判したり、支持したりしてるんですか?もちろん無知なら発言するな、とは思わない、ただ軽薄に言ってるのか、分かって行ってるのか、ただ無責任に言ってるのかが僕には読めない、多分、みんな何も分かっていなく無責任に発言してる気がします。
さらに、よく政治ですぐに「辞めろ、辞任しろ」と騒ぐ傾向があります、昨年韓国では確か30万人くらい?大変な数の民衆がソウル中央に集まってデモがありました、あれって要するに一体なんだったのか?と思います、新しい大統領に変わって韓国は本当に良くなったのでしょうか?そのまま前の方がいいとも言わないけど、結局はああして騒ぐしか手はなかったのか?と思います。見方によってはただ騒いでお終いな気もします。
韓国の政治歴史を見ると、だいたい大統領経験者は退陣した後、権力乱用、収賄、様々なスキャンダルが勃発し逮捕され死刑判決を受けたり、あまりいい話を聞かないけどそれが多い国です、それはあの国の政治体質には根深いしがらみ、民衆と権力の間に埋めがたい溝があって、民衆感情にはそれを暴いて白昼に晒したい感情、怒りがどこかに渦巻いてる負の連鎖が働いてる気がします。
それはあくまでも僕の憶測にすぎませんが、、、、、、。
話は衆愚政治に戻しますが、昔日露戦争で日本がロシアに勝利し(果たしてあれを勝利と言えるか?)当時のアメリカの大統領の仲介で終戦調停が持たれた、その時、日本はこれと言った戦勝賠償請求をロシアから引き出せずサインをして、時の外務大臣の小村寿太郎は帰国後、世論から非難轟々の嵐だったそうです。
その嵐はどんどん激化しやがて日比谷の街では相当数の民衆が暴徒化し焼き討ち行為をした大事件に発展したと聞きます、でもこの事件を表面的に見ても事件本質が見えません、この日露戦争については当時の明治政府の財政状態、国力の実態を知らなければ多分何も想像ができないと思います。
まず戦費がない財政状態でほとんどは国債発行による海外からの借金でかき集めたお金で戦争をした、もしあともう1年も戦争が伸びたら日本政府自体がパンク状態に追い込まれていた無謀な戦争だった、その上多数の戦死者を出しそれなりに国民には上手く説明しないと国民から反発が出た状況だった、それにはナショナリズムの高揚に持ち込むしかなかった、そんな気がします。
早い話が始めから無茶な戦争を始めてしまった、開戦時からアメリカに仲裁調停を入ってもらいそのまま逃げ切れればと考えていた、開戦前からアメリカのルーズベルト大統領に仲介役の根回しをしていたそうです。
でも事情なんか何も知らない国民への負担は大きく、戦死者が出た家族はたくさんいた、国民にも大きな負担をかけたはず、そのためにはなんらかの説明材料を調達しなくてはなりませんし、なんとか負けずに済んだ戦争を国民には大々的に「日露戦争大勝利」とプロパガンダを掲げてナショナリズム高揚させていたのは想像できます。
国民としても日清戦争勝利の台湾のように今度はロシアから千島列島、樺太全土、満州の一部をもらえて当然と、そう思う国民はたくさんいただろうしい、そう考えても不思議はない。
太平洋戦争前も、日本が世界中からバッシングを受け国際連盟を脱退した時がそうでした、意外にもそれを後押ししたのが世論だったそうです、意外にも日米開戦の機運を後押ししたのは、なんと当時の世論も一役買っていたそうです。
政府のプロパガンダにそのまま乗りすぎるのは非常に困る、僕らが一体政治の何を知ることができるんでしょうか?せいぜいできるのは小池百合子が何を企んでいるのか?を想像するくらいです。
巷に溢れる根拠のなさそうな噂を信じるしか手はないのか?と思います、一説には民主党政権が国民の期待通り機能しなかった理由の一つに民主党の政治家たちでは官僚を上手く扱え切れなかった、官僚体質が彼らではまるで理解できなかったからだ、と言う説も聞きます。
そんなことまで私たち有権者が分かるわけがない、分かろうとしても分かるわけがない、じゃあ私たちは何を指針にして選挙に1票を投ずれば良いのか?なんとなく曖昧で無知で無責任な1票を入れるしか手がないのか?その曖昧な票の寄せ集めに国の運命を託すしかないのかな、、、、と思います。これが世論なんでしょうか?

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2000-b628edec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)