FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

その先の英語学習とは 

その先の英語学習について。
語学習得というのは英語環境の中にいれば誰だって話せるようになります、しかし日本語環境で英語を学習するなら強い意志が頼りです、やはり日常を自覚的に英語漬けにするしかないでしょう。
日本だろうが学ぶ気さえあって、特に急がなければお金なんかかけなくともネット教材だけでもある程度は学べるはずで、実際ここ2年くらいずーっとネット環境で英語学習をしました。そこでいくつか発見があったので報告がてら参考に書きたいと思います。
まず僕はイギリス生活経験が少しあるので英語は最低限の意思を伝えるくらいならあまり問題なく話せます、しかし映画、テレビの会話はほとんど分からないし、文字の英語もよく分からないです。でも生活体験があるので、英語をどう扱うかは体験を通してなんとなく知ってるし、会話経験があるのは本当に助かります。
でも基本的には英語のボキャブラリー量が多くなくて最低意思は伝えられるのは何か辻褄が合わないかも知れないけど本当にだいたい困らず伝えられます、でも聞き取れないことは多い、つまり日常の意思を伝える程度ならそんなに高度な語学力がなくてもだいたいの事は足りるということなのかも知れません。
裏を返せば、わずかな語学力でだいたいことが足りる、それは「なんとか通じれば良い」という雑な考えで今日まで来ました、でもそれではやはり限界を感じるし、相手の話しがよく分からないまま終わることが多く、そこに問題意識を感じ、再び始めましたが、でももう少し早くから始めておけばよかったな、、、、、と言う思いもあります。
”英語が話せる”とは、これは話せない人にはピンと来ない想像がつかないくらい幅がとても広いです、まるきり話せない人からすれば、カンタンな会話ができる、それがわずかであろうが立派に話せる人になってしまうけど、英語を普通に話せる人からすれば、それは”ほとんど話せない人”も同然です、やはりある程度、話せるとはネイティブの人と普通にやり取りがきちんとできるレベルを指すのかなと思います。

世の中には、この英会話教材を毎日聞き流すだけで会話が流暢に話せるようになる、を売り文句で販売してる教材があります、時どき人から”あれどう思う?”と聞かれることがあります、それについては先に書いた通り、話せるの定義が幅がとても広く、どこから話せることで、話せないとはどこまでを言うのか、そこが大きな分岐点かと思います。
まったく話せない人にとってシンプルな初級レベル習得が目的なら、どんな教材であろうが毎日聞き流せば必ず流暢に話せるようになります、でもそれは本当に単純な会話レベルだと思います。例えば、私はハラが減った、いま何時ですか?ここにカップは何個ありますか?あなたはペンを持っていますか?これはいくらですか?私は嬉しい、私は公園に行きます、そこから少し踏み込んで、私は彼女を愛してるが彼女は私に興味がない、私は来週アメリカに1週間行きます、そして帰りハワイのビーチで休養を取ります。私は彼と結婚したいけど彼は他の女性が好きです。
この程度なら聞き流しで覚えるのはそう難しいことじゃない、義務教育の基礎もありますから、単純に聞き流しでも覚えられるんじゃないかと思います、やる気次第でシンプルな文法の習得でも聞き流しでもなんとか身に付くんじゃないかと思います、でも英語学習の壁は次からが本当の壁です、そこをどう乗り越えられるのかが本当の英語学習じゃないかと思います。
例えば、受動態、関係代名詞、過去、経験、完了、過去進行、これらは基本文法を理解しないで聞き流しに頼る方が法則は曖昧なままで返って難しくさせる気がします、やはりきちんと法則と原理を理解して、動詞の現在、過去、過去分詞、をきちんと覚えないとスムーズに使いこなせません。もちろん少々の間違いなら通じそうですが、なんとか通じるからそれでいいわけじゃない。
また大まかに英単語には二つの種類あります、一つは意味が単純な単語です、例えば固有名詞がそうです、そしてもう一つは状況によって複雑に意味が変わる単語です、例えばasとかeven、これは単語単体には意味がほとんどなく組み合わせ方で中身が変わります、副詞としてのas 前置詞としてのas 接続詞としてのas,代名詞としてのasでは意味が変わります、中級に進むならそこは理解していないと前には進まない。
またwould should must may might , これも勉強しないと聞き流しでは歯が立たない単語でしょう。丸暗記ならその場は使えますが応用は利きません。また、次に厄介なのは句動詞です、例えばmakeこれはいろんな顔を持っています、make up make out make away make overで意味が変わります、基本は”作る”ですが、〜を決める、〜させる、間に合う、進む、稼ぐ、後の単語次第で意味は変わります、put passは特に変わりが激しく個々の単語に向き合って覚えるしかない。
また英語には”多分”に当たる単語はいくつかあります、maybe probably perhaps presumablyなど色々あります、これをどう使い分けられるか、意味はほぼ同じなのか、違うのか、使い方によってニュアンスが変わるのか、使い方次第ではおかしな言葉になるのか、これは会話を数こなすしか道はないです。
要するに初級段階の勉強と中級では勉強法も覚えるべき単語の意味の密度も変わります、耳で聞き流すだけの勉強は初歩レベルでは有効だけど、ある程度、進めばどうしても複雑な意味を持つ単語をきちんと向き合わない限り先に進めないと思います。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2004-c9f69b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)