FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

スマフォというもの 

初めてスマフォを見たとき、新しい物好きな友人が嬉しそうに新機能を次々に見せてくれた、ずいぶん進化した携帯が登場したものだなと思って見てたが、僕はそれを欲しいとはちっとも思わなかった。
その時のスマフォの印象は携帯電話としてどうか?より付属周辺機能が圧倒的に優れもので、ただ電話できればいいんだけど、、、、と思う者にはどうでもいい話だった。その機能は時代と共にさらに進化し続け、ラインがあったり、メッセンジャーがあったり、あれこれいろんな機能が当たり前化してチームで仕事するとき、ラインに一斉に配信するから設定していないとチームムードを壊す、それが当たり前の時代になった今ではいつまでもひとりよがりなわけにはいかないと判断して最近ついに持ち始めた。
確かに持ったら持ったで便利な代物であるのは始めら分かっている、まさか持ってこの機能を知って今さらすごく感動したなんて僕にはない、それより、扱えないヤツ、持っていないヤツ、これは都会暮らしではもう通用しない時代になったと思ったし、家族から、そのままでは世の中からアタマが古いヤツ、のレッテルを貼られてしまうよ、と警告された、まあそう言う一面は確かに否めない。
これは持ったからすべて終わるじゃなく、持ったところから始まるものだけど、僕は持ったは良いけどヒマな時じーっと睨めっこして機能をいじったり、ソフトをインストールしたり、そんなこと一向にしない、扱い方はいつまでも覚えないまま、やればやったで誤操作をすることがある、買ったばかりのころはうっかり無意識に触れて誤発信をよくした、今でもタッチミスで誤発信を時々する。
しかし、一番厄介なのはこの前ラインの環境設定を分からないなりにあれこれといじっていた、今だに環境設定がよくわからず適当にいじっていた、知らない間に沢山の人の情報がなぜか端末に勝手に入り込んだ、特にFBで繋がっているわけでもない人、よく知らない人までタチ悪いことに一気に友達申請のようなボタンを押したらしく知らない間に繋がってしまった、そしていろんな人から返事が次々に来たり、友達のような繋がりになってしまいこれには参った、もう悪夢としか言いようがない。
その後片付けに参ったよりも、知らぬ間になる機能の悪夢に参った。「これは便利だから絶対に持った方がいいよ、、、、」と過去何人かに言われた、そういう人はこうなることを知らないんだろうか?「便利だから、、、」それを聞くたび素直な気持ちでは聞けなかった、つまり僕みたいなのが持つとこの手の災いは起きるだろう、、、と思ってたが、まさか本当にその予感は的中した。
今のところ、予想通りスマフォとはいい関係が今でも結べない、便利さと災いは半々くらいやってくる、そのストレスを思うとこれからもずーっと好きになれないだろう、できれば自主的に持ちたくない。でも持たないわけに行かないし、そんな言い分は多分誰が聞いてもただの愚痴でしかないから覚えるしかない。

この際ついでだから書くが、カメラがフィルムからデジカメに変わろうとした時、とにかくイヤ〜な予感がした。
フィルムカメラは、カメラ機能が単純で、機械に詳しくなくたっていい写真が撮れるなら何も支障がなかった、レンズの使い分け、扱い方だって機械的なカンではなくただの感覚的センスだけで十分扱えるからフィルムカメラはアナログ的な思考回路で問題なく仕事ができるが、これがデジタルになったらそれだけでは通用しない、あれこれデジタルについての知識を覚えないわけには行かない。
フィルムカメラでは撮影現場でカメラのシャッターが降りないことはそう矢鱈あるモノじゃないが、デジタルの場合シャッターが降りないはないにしても、パソコンと繋がらない、不安定ですぐ切れる、撮った画像を開けられないとか、ソフトが扱えないとか、僕は毎回そんなことだらけだ。
さらに機能の進化は日進月歩で新たな新機能、アップグレードが次々に登場して、その対処に追われる、単純な話、デジタルカメラを使い始めたからと言って、撮ってすぐ終わるなら、問題はないが、新機能が次々に登場し、みんながその最新の機能を使い始めたら僕は使いたくないは通用はしないし、そのままではただの時代遅れになるばかり。
つまりデジカメが登場した時代のデジカメと進化した今のデジカメでは同じでデジカメであっても機能とシステムは比較にならない、もう同じじゃない、その新たな機能システムをいちいち覚え、カメラやパソコン、周辺機器を買い揃えるとか、自分で扱えなければ助手に扱ってもらうしかない。
新しい機能は確かに便利だけど、それをいちいち追っかけしなくてはならない、まして自分が使いたいんではなく世の中がそうなったから扱わさせられるから扱う、その現実は僕にはただ面倒なものでしかない、この現実にはやれやれするばかりです、本当に進化ってそんなに大事なことなのか?って言いたくなる、でも昔からそれについていけないのが年寄りの証拠とみんなが言う。
最後に、、、、駅で電車待ちの人たちや車内の乗客たちをズラ〜と見渡すと、ほとんどと言っていいくらいの乗客がスマフォを開いて指でこそこそ操作してる、なんだかちょっと異様な光景に見える。これはこの時代の宗教のようなものだと僕は思う、この間ローマ法王が説教してる時、そこにいた信者がスマフォをいじっていて、法王が「こんな時までスマフォが手放せないのか?」と怒ったと何かで読んだけど、、、そういう時代になったか、、、。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2012-95ce8e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)