アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

物語のちから 

定期的にこのブログに目を通してくれる方、ありがとうございます、僕のような偏屈な者の書く文を読んでくれるだけでありがたいと思います、今日はこのブログを書くについて少し触れます、実は昨日書いたんですが、操作ミスであっさりきれいにすべて消してしまいました。
一瞬、あ〜ここまで書いたのに〜、残念と思ったけど、一回書いたんです、書きたいことははっきりしてるし、まだ書き直ししたい部分も相当あったので、じゃあ、消えたことを機にもっと違うものを書き直せばいいや、とあっさり気を取り直しました、多分、今度は考えたり迷ったりがなく時間をかけずにさーっと明解な文が書けると思います。
世の中ではブログという言葉はちょっとしたブームです、僕はどうもあのブログという響きが好きになれないです、あまりくどくどは書きませんが、何も伝わって来ない中身のないものが多く、単なる読者数を稼ぐ目的のものにしか感じられない物が多いからどうも好感が持てないです。
今日僕が触れたいのはブログではなく僕がここで文を書き続ける意味はなんなのか?です。
僕にとってこの場で文章を書く基本的スタンスは自分のアタマの中の思考の、メモ書き、ラフスケッチです、日常あれこれ考えることをまず文章にカタチ化します、不思議なもので自分の思考を文章化し読者側気分に立って読み直すことで見えてきます、自分の思考とか作品作りは思考を一旦、カタチに置き換えて客観視します。
モノを表現する上で持っていないと先に進まない能力です、その能力があるか、ないか、これは大変な差になります、これがなければ、自分の作品の問題点が自分の目で見て発見できない、逆にそこに潜む可能性も自分の目では見えない。
現状の作品がどうもイマイチしっくり感じられない見えてこない場合、どうしたらそれを先に進められるのか、何か違う形に置き換えたらこうなるんじゃないか?今は手出ししないでそのまま置いた方が良いかな?プランがまるで見えない時に一番頼りになるのが自分を冷静に客観視できるか、どうかにかかってきます。
多分僕が思うには自分の考えを文章化し自分で読み直すことの習慣は自分を客観視する能力を確実に高めます、僕が文を書く意味はまだ他にもいくつかあります、書くことで曖昧でうっすらとしか捉えられなかった思考が整理されバラバラだったものが一つに繋がりカタチを持ったものになって一つの独立した思考フォルダーになります。
別ごとで書いたことがきっかけで忘れていた別の記憶が連鎖反応して生々しい思いなって甦って来ます、これは何度か体験しています、最近友人ヒデについて書いていたら、小学校時代に亡くなった別の友人が書きたくなりました、そこで起きた腑に落ちない理不尽な出来事が書きたくなりました、特に怒りを吐き出したいんではなく子供ながらに感じた大人に対する言葉にならない不条理な思いが甦って来ました。
僕のブログの基本スタンスは読者に向けて書いてるんじゃないです、まったくそうではないとまでは言い切らないけど、基本は個人的散文です、だからあまり大ぴらに書けないことも時々書きます、それがまさか思わぬ方からブログを読んだと言われると、一瞬、ゾーッとしてあまり自分勝手に好き放題には書けないな〜と思いますが、もし好きに書けなくなったらもう書く意味なんて何もない気がしますが、今のとこはまだ書きます。

そしてさらにもう一つあります、実は今日一番書きたかったことですが、最近「物語」ということにとても興味を感じます、物語って何かと言えば、世に言う雑多な物語を指すんではなく、おとぎ話とか神話のような中身のある物語を指しています、それに触れることで物語の中に潜む命を感じます、その命は受止め手の心に何らかの余韻を感じせる力を持った物語についてです。
物語が人の心に与える力はすごい力を持っているんだな、、、侮れないな、、、と今さらながら感じます、現代人、特に大人に必要なのはもっと素朴な神話とかおとぎ話世界に浸った方がいいんじゃないかと思います、宮崎駿氏、村上春樹氏は物語の力をよく知ってる気がします、今僕が感じていることは、両氏の思考背景の奥に潜む世界を想像した先に気がついたことです。
物語は人の心を癒したり、気持ちを楽しませたり、違う世界に旅に行った気にさせたりします、ファーメルンの笛吹き男、という話があります、(検索すればいくらでも出ますから知らない方はとてもおもしろい話なので読むことをお勧めします)この話の余韻に比べたら世に言う桃太郎、金太郎なんて子供だましでバカみたいです、多分本当はもっと違うかカタチのお話だった物を分かりやすく誰かが作り変えたのではないかとさえ思います、浦島太郎はまだ竜宮城と乙姫様に何か秘められた余韻を感じます。竹取物語も奥が深い話に感じます、かぐや姫に求婚した男たちはかぐや姫から無理難題を申し付けられますが、男たちが持ち帰ってきたものは偽物ばかりです、あの時代ですら俗世界とは欲と嘘で溢れていることが鋭く面白く書けていて物語に余韻を感じます。
さて文章を毎日書き続けていると、文章の中に潜む物語について考えます、さらに思うのは、物語なんて書く気があればいくらでも書けそうな気がして来ます、題材、素材はそこら足元にいくらでも転がっているんだと思います、もし身近になかったら、過去に出会ったこと、見たこと、感じたことと、今日出会ったことを上手く繋ぎ合わせれば物語なんていくらでも書けそうです、要は書き手の気持ちと感性次第で、書く気さえあればなんだって書けそうな気がします。
物語を描く上で一番重要なのは、書く動機、何を書きたいのか、何が人の心を捉えるのか、話のエッセンスを良く考え文章に置いて客観視すると何かが見えてきます、そこで自分は物語を通して何を描たいのかのかじっくり考えます、この繰り返しが創作活動の心の筋力を鍛えます、こうなったらもう写真を撮ること、文を書くこと、そこに違いは僕にしたら、もはや双方の境界線はないも同然です。
ここに書き手と読み手、伝えること、受け止めること、つまり人と人のコミニュケーションの本質を考えます、同時に写真を撮ることのコミニュケーションについても同じように考えます、写真を撮ることってことは、見たもの、出会ったものを技術を駆使して上手に撮ることも大事ですが、もしそれだけで終わったとしたらそれは所詮つまらないものでしかないと思います、僕にとって大事なのは撮るとはその心の背景にどれだけ物語性が潜んでいるのか、それをまったく感じさせないものはやはり結論としてダメですね。
つまり写真家だって物語の語り部のセンスが必要なんだと思います。そうじゃなければ、作品は見る側を引き込むだけの見応えはないんじゃないかと思っています。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2040-8b79cad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)