FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

三原山ドローン飛行計画 

2224.jpg

大島の三原山の月面砂漠でドローンを飛ばしドローン撮影したく大島にやって来たけど毎日風が吹き続け、なかなか止まらないから上げたくても上げられない、困ったものです、、、。
僕は鎌倉の海前に住んでいるから海の強風はよく知った馴染み深いものだと思っていたけど、まさかこんな何日も何日も風が止まらないこと、、、、これはこれまで体験したことがない、やはり大島と鎌倉では違うんだなと痛感しました。
昨日と一昨日、椿の撮影も終えたことだし、、、では意を決し強風を承知の上で三原山までどこで実際どう飛ばせるか部屋でフラフラしていても仕方あるまいと意を決して下見に行った、始めは大島温泉ホテルルートで三原山を目指し延々と歩いた、足元はまだ雪が残っていてマトモな靴を履いていないと悲惨な目に遭う、しかしこのルートは結構歩いて気がついたのはあの月面世界の砂漠地帯にはどうも繋がらないのが薄々分かって引き返した、そして次にその翌日、気分を変えて今度は西側の裏砂漠ルートから入った、このルートは始まりから砂漠のような砂の上をひたすら歩いた末すぐにあの大砂漠風景が広がった。
やはり山に入ると強風はさらに強くとてもじゃないけどそこにいるだけで強風はしんどくとてもドローンどころじゃない。仮に試しに飛ばしたら最後、機体が戻って来ない事を想像するとちょっと怖くて迂闊に飛ばせられない。
本当は7日に帰宅予定だったけど、明日8日は風が一瞬止む予報なのでわずかなチャンスにかけてもう1日延期することにした、わざわざドローンを飛ばしにここまで来たんだから一度も飛ばさない、三原山の俯瞰風景を撮らずに手ぶらで帰るわけには行かない、砂漠上空にドローンを飛ばしたらすごい映像が撮れるんじゃないかと期待して来たけど、、、まさか4日も風が止まないとはまさか思わなかった。明日の午前は風が一瞬のわずかなチャンスにかけることにした。

ここでドローンについて少しお話しします。
僕はドローンに関してはじめはほとんど関心がなかった、でも仕事を一緒にする人から「ねえドローンやってみない?」って言われたのがきっかけで始めた、もしそれがなかったら多分いつまでも始めなかったと思う、、。
始めはネットで情報を見たが一体何から手を付けたらいいのか皆目検討がつかず悩んでいた、ドローンを買って自由に飛ばせる。そんな甘いモノじゃない実態が少しづつ分かった、調べれば調べるほど想像していた以上に規制が厳しいことが分かって気が重くなった。これじゃあ一体どこで飛ばしたらいいのか?
現状では機種は200gが分かれ目でそれ以上は法律的には「無人航空機」扱いになり法規制の下にある、それ以下はオモチャ扱いになるから気軽に遊べるらしい、、、、、
僕が目指す機種は当然カメラが搭載可能なもので200g以上で規制が厳しい機種になる、今のとこドローンは免許制ではないが、飛ばす場合、場所によってはフライト申請の必要があり法律と操縦法についてそれなりの知識と実績がないズブの素人では申請しても国交省から許可が出ないらしい。
そんなわけで、あれこれ迷っていたとて仕方がない、結構高い講座を受けてドローン協会の認定の修了証をもらった、これで申請の資格は取り敢えずもらった、さてその次はどうするのか、、、、、やっぱり実機を買ってまずは練習する必要があるから取り敢えずはまずドローンを買うしかないかな?
どうするか迷うとこです、僕らの場合遊びで使うんじゃないから、高画質カメラが必要です、まさか手始めからそんな高価なドローンをいきなり買うわけにも行かず、、、、安い中古を買って練習しようか散々迷った。
でも中級機種くらいで結構いろんな撮影に使えると聞いたので思い切ってその新品を買った。
ドローンは先に書いた通りどこでも勝手に飛ばせるわけじゃない、飛行禁止区域を調べてから飛ばす、例えば鎌倉あたりで飛ばすのはダメ、でも調べてやっと分かったのは禁止区域以外なら、つまり人気のない川原とか海辺ならどこで飛ばしてもどうやら問題はないことが徐々に分かって来た。
ただ大島の三原山で飛ばしたければ、その範囲は空港から6キロ以内は禁止区域に引っかかる、地図でみるとどうも対象範囲になるようだ、、、困ったな、、、。
つまり三原山は飛行場問題で始めは禁止区域を思った、でもあんな小さな空港がこんな広い範囲があるとはどうも思えず非現実的に思えて大島の空港に思い切って問い合わせた、三原山はドローン飛行禁止域ですか?
するとなんと、、、うちは3キロが規制範囲なのでドローンフライトは問題はないですとの答えが帰ってきた。
でもここに載せた地図はドローン専用のフライト地図情報で、それによれば禁止区域になっている、、、、、。
情報はあまり信じ込みすぎないで突っ込んで調べてみるとたまにはこういうこともあるようです。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2051-d302c2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)