FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

イメージの効果 

IMG_0379.jpg

毎週、週末にはデザインオフィスにコーヒーを焙煎して送っていてこれは毎週末の日課です、気がつくとかれこれ5年以上はデザインオフィス用のコーヒー豆焙煎を続けています、もともとコーヒーをビジネスにする考えはさらさらなく始めは断ったんですが、半年後に、高めでも良いからやっぱり送って欲しい、と言われて、そこまで言ってくれるなら送るか、、、と始めました。
豆の発送は至って素っ気なく焙煎したコーヒー豆をビニール袋に200gを一個単位にして、それを数袋ダンボール箱に納め梱包するだけです、焙煎さえ手を抜かなければ、まあ見た目は良いんじゃない?って考えでずーっと送って来ました、でも飾りっ気のない茶色のダンボール箱を見るとやはり何か気になっていた。
その後、家内がギャラリーでカップとコーヒー豆を試しに売ってみたいからと可愛らしい包装袋とシールを作って販売しました、それ以来僕がデザインオフィスに納品する焙煎コーヒー豆とダンボール箱にはすべてこのシールが貼られるようになりました、不思議なものでたったこんなシールが袋と箱に貼られるだけで印象がガラッと変わるものです。
何も貼っていない箱なら中に何が入ってるのか得体が知れない「ただの箱」でしかない、それがわずかこんなシールが貼られただけでファンシーな気分がさーっと出ます。

キャラクターとかグラフィックデザインは本当に大事なのはもちろん分かってはいても、僕はデザイナーじゃないしイラストレーターでもないからどこかで怠慢になってた、せっかく感覚的な目を持ってるんだから、もう少し包装に夢を注いでも良いかなって気がしていた。
あらためて思うのは、例えばお店なんかまさにそうなんですが、店のデザインがダサかったり、雑然としてたら、その店の印象はそのまま営業に反映する、身なりだってそう、デザインのダサい服、おっさんぽい服、おばさんぽい服を着ていたらやはりその印象で見られるのは必至です。
だからと言って、あまり派手にデザインされすぎな服ばかり着てるのも、ちょっとなんだし、、、ちょっとお洒落な服をさらっと着る程度が一番カッコ良くて素敵だな、、、と僕は思う。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2095-50b980e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)