FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

モネ作品の解釈指南 

f1433309580.jpg

(このモネ画像はネット拝借しました。)
昨日モネのウォータールー橋について少し書きました、僕がここで何度も書いてる階調、質感、光、湿度をどう捉え、組み合わせて作品を作るのか、この概念獲得は難しく目が育っていない人には理解が難しいのは仕方がありません、初めて口にするビールみたいなもので口が慣れるにしたがって苦味は美味さに変わって行くようなものです、まずは慣れるしかないんです。
今日はモネ作品を通してモネの睡蓮をどう見るべきかの見方指南します、そしてそれが少しでも理解ができて写真に置き換えられたら写真を捉える目は少しは前に進むと思います。でもこれはあくまでも僕自身の感性と世界観から見たモネ感です、モネ解釈の権威から見てどうなのか僕自身なんの保証もできないことを前提に書きます。
僕は始めからモネ好きでが理解できていたわけではないんです、始めはどうして池に浮かぶただの睡蓮の絵がここまで評価されるのか、さっぱり理由は分からなかったです。でもやはり世の中で評価されるには根拠があるから評価されるんだろう、、、そこはきちんと理解したい、それで絵画鑑賞を集中的にした時期がありました。
国立近代美術館で著名な画家展があれば何度も通いました、通い詰めて思ったのは毎回同じ視点で見たところで見え方は変わらず進歩がないのが徐々に分かり始めました、鑑賞するばかりではなく作家人生を知ることを始めました。
どんな人生だったのか、お金に苦労したのか、作家人生にどんな挫折があったのか、どう越えたのか、絵画以外には何に興味があったのか、絵を見るだけではなく違う角度から作家を見ることを始め、美術館で作品を見るときは作品の制作年号と作風と作家年譜を見て作風が変わった時期に何があったのか意識し始めました。
絵を見るとはさっと見て感じて終わることもありますが、絵と時間をかけて向き合って、それについて考え、分析し、洞察しそれでやっと見えて来る世界があることもそのころ知りました。むしろ歴史に残る芸術作品はそれくらいの鑑賞にエネルギーを使ってやっと見えてくるもので、絵を見るスタンスが体で理解でき始めたころ、自分の好きな絵なら理屈抜きに自然にすーっと入って来るようになりました。
絵を見る、写真を見る、感覚を駆使する行為で一番重要なことは、すべては自分の目で見て判断し、自分のアタマで考え判断する、誰が何を言おうが自分はどう見たのかが重要です、これはどんな状況に立っても自分は自分として自分を見失わない心を自立させておくことが僕の考えです。

この絵から感じる見どころは絵全体に漂うこの空気と色彩と空間に心が惹かれました、空気と書いていますが厳密には水面の質感でしょうか、水面中央は睡蓮がない空白ですが、そこに映ったもやもや写り込みの空間と周辺の睡蓮の絡み、その空間に惹かれました。
この作品は具体的に「ここがきれい」と指せる場面はなく、全体の空間を見るべきです、この空間美を写真で描くことを僕は一貫して説明しているわけです、これを写真とか絵画で描くには空間表現のバランス感覚を身に付けるしか手はありませんがなかなか自由に描けるまでに時間がかかります。
オリジナル作品はまだ見ていないので具体的細かいことは何も言えません、本当はもっと透き通った色彩なのかも知れませんし、これがほぼオリジナルに近いのかも知れません、水面中央のモヤモヤは絵の向こう側に大きな柳の木が水面に映っているか、水面下の水草か、そのどちらかだと思います。実際に庭の池周辺に大きな柳や木々が配置されています。モネはそれら大きな木々は水面の写り込み素材として計算して植えています。
モネのどの睡蓮作品もそうですが周辺の木々や空の質感の鏡景効果を上手く取り込んでいます、鏡景とは文字のごとく水面が鏡の役割をし水面に映る空とか雲とか池周囲の木々、この映り込みと睡蓮をうまく絡み合わせて絵を構成していて、非常にカメラ的目線をモネに感じます。
睡蓮は隙間なくびっしり埋まっているわけではなくポツンポツンと植え込まれています、始めはそこに気がつきませんでしたが日本で睡蓮の名所で写真を撮ってもこんな感じには写りません、池は睡蓮の葉で隙間なくびっしり埋め尽くされ、それが意外にも美しくありません。睡蓮はほどほどに植えてある方が効果的なのを日本で感じました、あの時代フランスに睡蓮の球根はなくモネは苦労して取り寄せたと聞いています。
モネは睡蓮を描いているようですが実は睡蓮は主役ではなく間違いなく空間が主役と見た方が妥当でしょう、空と雲と周辺の写り込みと睡蓮が絡み合った色彩と光の質感の空間を見るべきだと僕は思います。このように作家についてより深く知ることで、その作品の鑑賞目線は変わり見るポイントが深く洞察力が高くまります。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2098-88ad9d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)