FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

この時期によく耳にする「戦争反対のスローガン」について(前半) 

8月の半ば、毎年この時期になると耳にするのは戦争についての話です。
戦争は絶対反対、平和のありがたさ、、、もう耳にタコができるほど聞いた言葉です、ちょっと不謹慎ですが、果たして繰り返えされるその言葉に実態があるのか、、、とすら思います、あまり無意味に反戦スローガンを使えばその言葉に込められた本来の肝心な心を失って、それは単なるカタチと化します、日本の近代史でもっとも重要な事件の形骸化を危惧しますが、果たしてどうなのかと僕は疑問に思います。
平和が大事なのは当たり前です、でも戦争がそんなに忌まわしいなら、、、どうして日本は愚かな戦争をしたのか、、、太平洋戦争はどうして起きたのか?そして戦争が終って、日本は敵国だったアメリカ一辺倒になりました、そもそも日米関係とは一体どういう関係なのか、と僕は思います。
もし、本当に日本人は戦争に懲りたならば、どうして明治から昭和にかけて日本は何度も戦争に明け暮れたのか?それはぜひとも知っておく必要があると思う、でも実は日本人はそこが意外にも無知で何も反省はしていない、事情を何も知らない大人があまりにも多すぎる、それをきちんと教えない風潮はおかしいと思います、でもこれが日本の現状です、これでどうして反戦スローガンを叫ぶのか?僕にはそれは虚しい話にしか聞こえない。
そう書く僕も実は数年前まで、どうして日米は決戦したのか、どうして泥沼の大陸侵略に日本はハマったのかを知らなくて、気になって数年前、自分なりに調べ、考えて見ました、そこで微かですが僕なりに見えてきたのは、なるほど、、、そういうことだったのか?どうして日本は戦争にハマったのか僕なりに見えてきました、今日はそれについて書きたいと思います。

それについて一言で言えば、それはまるで将棋倒しのような出来事でした、一つの出来事が、次の出来事をひき起こし、また次の出来事が、、、、またその次の出来事を起こした、負の連鎖の末に日本は日米開戦にまで転げ落ちて行った、まさかこんなことになるなんて、、、、時の政治家たちはまさかの最悪まで読めていなかったのかも知れない、そうするしか選択肢はなかったのかも知れない、もちろん時の陸軍の暴走はあったと思います、、、でも結局いろんな事情が重なって、最後は日米開戦にまで行ってその果ては広島、長崎に原爆が落とされ戦争は終わった。

日本は明治に日清戦争、日露戦争と2回戦争をしました、まず戦争は反対だと言う前に、その戦争は国防の戦いか、侵略の戦いか、そこを知るのは重要だと思います、この違いは同じ戦争でも大変な違いがあると僕は考えます、そして日露戦争はあの当時の日本では不可避の国防戦争だったと僕は思います。
世界はそんな日本の事情に対し同情的だった、特にイギリスは日英同盟で日本に対し後方支援的な立場でロシア艦隊の本拠地、黒海から日本までの航海上の主要港はすべてイギリス支配下にあり、スエズ運河は封鎖され、南アフリカを迂回し、ケープタウン、インド、シンガポール、香港、これらの主要港はロシア艦隊の寄港を許さなかった、それはロシアにとって致命的な逆風で航海に必要な、水、食料、燃料、船員の休養は一切なく、それは日本にとって勝敗の運が味方し、ロシアにとっては、それは悪夢だった。
その結果、バルチック艦隊は黒海を出航以来無寄港で日本艦隊と決戦することになり、その結果はロシアが完敗しました、もしイギリスの後押しがなかったら日本は日露戦争で無事勝てたか疑問です。ロシアは203高地で敗北し旅順を手離し、日本海海戦でも敗北しロシアこれ以上の戦争は続けられない状態に陥った、それは日本も同じで戦費は底を尽き果てこれ以上の戦争続行は不可能でアメリカの仲裁で何とかスレスレのところで助けられた。
しかし日本政府は国民に実態とかけ離れ大々的に「日露戦争大勝利」と派手に告知します、ポーツマス講和でロシアから一切の戦争賠償も取れない手ぶらで帰国した外務大臣、小村寿太郎に対して戦争勝利に酔い痴れた民衆から散々非難を浴びせられ、無知な民衆は怒りが収まらず日比谷で暴徒化しました。
話は少し前後しますが、その前に起きた日清戦争について話します、明治維新はそもそも先に書いたように、いつか攻めて来るロシア南下に対してやったようなもので、ロシアに対し富国強兵政策は急務でした、そして近代化と軍の整備は進み、来たる日露戦争のためにどうしても朝鮮半島を日本の支配下にしておくことは至上命令でそれが征韓論だったわけです。
もしあの時、朝鮮半島がロシアの支配下になっていたなら、日本にとってロシアは相当脅威は必至でした、何としても朝鮮半島はロシアに渡す前に手中に収めておかないと日本国防にとってそれは死活問題でした、そこで明治政府は朝鮮半島進出にでますが、清と朝鮮半島の利権争いで衝突しやがて日清戦争に発展します。
これは僕の憶測ですが、国の運命をかけて育てた軍隊は果たして近代戦にどこまで使い物になるのか、来たるロシア戦の前には何としても一度試運転がしたかった、日清戦争の経緯とはこれじゃないのかな、と思います。
それは不可避の戦争ではなく、言いがかりを付けてでも「とにかくロシア戦の前にやっておきたかった戦争」だった気がします、明治政府にとって列強に食い物にされ不甲斐なさを世界に晒し落ちぶれた清をやっつけることなんて、大した戦いにならずに済むと明治政府は考えていた気すらします、そしてその思惑通り日本は清をあっさり叩きました。
さて清に勝った日本はいろんなご褒美を手にしました、台湾をもらいました、朝鮮半島の利権ももらいました、満州進出の足がかりを得ました。これはどう考えても戦争に勝つとはこんなに美味しい話なのか、、、と味をしめたはずです、日本は列強たちが力で手にして来た「侵略の美味しさ」の味をしめたと思います。
土地が余った清にしてみれば、台湾なんてあげたところでほとんどどうでも良いような未開の島でしたが、国土の狭い日本にしたら、台湾が一個手に入るのは大変なことです、それが戦争を一個やったおかげで難なくさっと手に入ったんです、まず戦争反対と叫ぶ前にその事実を知ってほしいんです。
日本は荒れ放題に荒れた未開の台湾に対し莫大な予算をかけて投資整備しました、荒地だった島を農業が出来る島に灌漑整備し、島民を日本人として学校教育し、本土では採れない農作物、サトウキビを収穫しました。
そして日本は日露戦争に突入しました、それは公正に見れば勝った戦争とは言えないしにしてもロシアにとりあえず侵略されずに済みロシアの脅威は一旦なくなったわけです、また賠償金は取れなかったけど南樺太はもらったわけですし、日本はその戦争で少なくとも世界に先進国としての地位を獲得したのは間違いないことです、もし明治政府は一切の戦いをしなかったなら、世界の一等国と肩を並べることが出来たでしょうか?やはり国力とは悲しいかな軍事力あっての国力です、それが実態だと思います。
要するに、戦争とは勝てば、こんな話の早い都合の良い外交はない、だから当時の軍部は戦争に走った、これが歴史の事実です、世の中はなんだかんだとキレイごとはみなさん言いますが、この事実を横に置いて、反戦スローガンはどうも説得力がない、、、これが僕の実感です。
次回は日米戦争について書きます。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2117-00b24298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)