FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

その度にいつも思うこと 

昨日、親戚に不幸があって葬式に参列してきました。
場所は愛知なので普段滅多に顔を合わす機会もない方々に久しぶりに会ってきました、まして故人も高齢で葬儀特有のあの重苦しい悲壮感はほとんどなくどこかカラッとした寄り合いムードさえありました。
毎回、世の中を斜に構えた目で書いては恐縮ではありますがやはりここは僕が見たもの感じたものを書きます。
僕は小さい頃からこの手の法事、葬儀ごとは嫌で嫌で仕方がありませんでした、もちろん葬儀が好きな人などどこにもいませんが、それとは別にこの手の法要ごとはどこか腑に落ちないようなモヤモヤした気分が子ども心からずーっと横たわっていました、それは今も変わらずそんな目で葬儀を見ています。
母の葬儀の時も連絡係りは嫌でした、「場所だって遠いし無理して来なくてもいいよ」と言ったくらいでしたが、親戚の一人がこんなことを言いました、「こんな時くらいじゃないと親戚と顔を合わすこともないし行くよ、、」なるほど、そう言う目で見れば参列も悪くもないな、、、。
でもそれとは別にやはりあのダラダラと続くお坊さんの気だるいお経、、、、あれが嫌には今も変わりがありません、あれに一体何の意味があるんだろう?子どもの頃からそう思い続けていましたが大人になった今も少しもその気持ちは変わらない、葬儀とい言うものを今も変わらず斜に見ています。
大人になってやっと分かったことは、冠婚葬祭ごと、法事、墓参り、この機会は親戚が集まり絆を確かめ合う場だと言えばなるほど納得ができます、特に昔の日本人は個人としての楽しみごとを知らない人たちには、法事を通して親戚が寄り集まりの大事な機会だったといえば、それはそれで納得ができます。
葬儀の度に、あの祭壇周辺に飾られた献花、毎回感じることですが、あの名札がついた花飾りがズラリと並ぶ光景、、、、、あまり趣味がいいとは言えない、どこか異様な花の飾り付け、そこに「子供一同」とか献花した人の名前が書かれてある。
あってもなくてもどうでも良いようなものに感じますが、やはりあれはたくさんないと見すぼらしく感じるのか、こぞってみんな、その場を埋めるように献花が並びます、故人が生前どれだけ広い付き合いがあったか、知名度のある人の献花がどれだけあるか、それを見せる場なのかは知らないが、とにかく名の通った名札がたくさんあれば故人の人脈の広さを誇示できるわけなんでしょう。
それを葬式に並べることに何か意味があるのかはどうかは知らないが、僕からすればそれはただ単に葬儀業者、花屋を儲けさせる機会に過ぎない、葬儀業者は花を並べさせるように仕向けているでしょう、僕にはそうとしか感じられないわけです。
そもそも世代の古い一般日本人たちの共通思考はこの手の冠婚葬祭ごとは誰だって不慣れです、そこに「常識的習慣」と言う厄介なものが重くのしかかります、自分の判断では何も決められない人が多く、世の中では通常はこうですよ、、、と葬儀業者はあれこれと勧めると思います、常識に反することで後ろ指を指されることを異常に嫌う国民性です、なんとか後ろ指を指されない無難な選択肢を選びたがる国民性です。
それが冠婚葬祭業者にとっては思うツボになってたくさんの花を並べるように仕向けることでしょう、なんせ葬儀とは亡くなったら、数日以内に葬儀をしなくてはならない、悠長に業者を選んでいる余裕などまったくない、また業者と値段交渉をする猶予もない、相手の言われるがまま決めるしかない、そこで相手のペースにはまる、葬儀に支払ったその金額を聞くと笑ってしまうほどバカげた金額を請求されます、そう言う目で見ると、このケッタイな祭壇の周りのたくさんの花も葬儀業者が「花はいっぱいに並べてはいかがでしょうか?」と喪主に勧める光景が目に浮かびます。
お坊さんのお経だって結構な金額を請求されます、さらにアタマ数揃えに小坊主も他所から集めて読経をします、こうなると葬式なんて完全なビジネスとしか見えないです。葬儀の後も彼らは儲け口を手放さない、永代供養はいくらだ、墓石がいくらだ、あれこれお金がかかるように出来ている、、、、こんなもの本当に要るのか?って僕は葬儀の度に思います、お坊さんの読経の時そんなことばかりついつい考えています。
徹底したコストダウンの新しい葬儀屋がもっと日常に登場すれば、旧来のお坊さん、葬儀屋さん、花屋さんも含めて、今までの既存の業者は全て失業するでしょう。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2260-c6c53616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)