FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

ネコと付き合う 

649.jpg

世の中にはネコ好きはたくさんいる、僕も多分ネコ好きの一人です、でもネコならなんだって好きなわけじゃない、ネコの気性はおもしろいもので、知らない人からすぐ逃げるネコ、逃げないネコ、人にまとわりつくネコ、そうじゃないネコ、どっちかにハッキリ分かれるみたいです、僕のネコとの相性はこのあたりから分かれます。
人にまとわりつくネコとまとわりつかないネコについてお話します、前飼っていたオスネコは僕らが魚を食べると必ず寄ってきて魚をせがむ、もちろんエサはちゃんとあげていますが、自分のエサには飽きたのか、僕らが食べてるものを欲しいのか、必ず寄ってきて魚をくれくれとせがむ、無視すると爪を立てて前足で軽く僕の足元を引っ掻く、そのまとわりつき方と言ったらしつこい、もらえるまでずーっと続く、終いに僕は根負けするが、上げたら毎回、同じことを繰り返される。
そのネコの晩年は夜中だろうがなんだろうが、関係なくエサをくれとせがむようになった、エサがもらえるまで枕元でずーっとニャーニャー騒ぐ、仕方なしに根負けして起きてエサをあげる、乾燥エサならサラに盛っておくだけで問題は片付くけど、このネコはネコ缶だからそれができなかった。
うちの家族はそのネコのしつこさをわりと流せたから気にしなかったし、僕みたいにナーバスにならずに済んだけど、どうも僕だけがダメだった、ニャーニャー騒がれたらもうお手上げだった、特に問題を抱え神経質になっている時、ぐっすり寝られない夜に枕元でそれをされるともう神経が持たない、たかがネコだけど僕にはかなり神経がすり減った。
前にどこかで見たが、その名前を思い出せない、イギリスのマンガと記憶するけど、いたずらの激しいネコに飼い主が振り回されるお話だった、僕にはリアルすぎて少しも笑えなかった、あれは多分典型的なオスネコの習性だと僕は思う、ネコを飼った経験からするとオスネコはメスネコに対してその傾向が強くどうも僕はそれにストレスを抱えてしまいがち、だからネコをもらう時、メスネコだけをもらうようにしてる、無条件なネコ愛好家からすれば、その考えには違和感を感じるかもしれないが、ボクは避妊手術さえ終えていたらトイレ癖も含めてメスの方がストレスがないと思っている。

3年くらい前に我が家にやって来たチビ(白黒ブチのメスネコ)は、まとわりつく癖がまったくなく付き合いが楽で相性が良い、また子ネコの時から非常に利口だと思った、先住ネコは自分で戸を開けて自由に勝手に出て行く、チビは先住ネコの行動を見てマネをして次々に先住ネコの技を吸収した、かなり利口だと思い行動をつぶさに観察した、ネコがどういう過程で物事を覚えて行くか側で見て観察するのはおもしろかった。
これは人間にも同じことが言えるな、、、と思いながら見ていた、物事を見てさっと吸収する人と、そうじゃない人がいるが、どういう違いがその違いを生むのかそれを観察していたら違いが見えてきた。
どうやら、各個性の好奇心、行動の欲求次第だなと思った、外に出たい、外に出たい、と強い欲求があれば戸の開け方をすぐ覚える、その欲求がなければずーっと覚えない、それが積み重ってアタマが磨かれていく、そこが分かれ道だなって、ネコを観察して学んだ。

今まで15年くらい生活を共にした2匹の先住ネコは双方寿命をまっとうして昨年死んでチビ1匹が残った、一匹だけじゃ寂しいなと思っていた矢先、知人が迷い込んだ子ネコを救済し、引き取り手を探してる情報が飛び込んだのでその子ネコをもらうことにした。
今までネコの多頭飼いについてあまり考えたことがなかった、同じ屋根の下、一緒に暮らせば馴染むだろうと楽観的に考えていたけど、どうもそんな簡単じゃない、それぞれのネコには気性、相性、複雑なものがあるのを飼って見て気がついた。
先住のネコ、チビは戸を開けることをさっと覚えるだけあってアタマがなかなか良く、神経が鋭く、感覚が非常に尖っている、物事に対しいつも神経を張ってるみたい、外に行く時も他所のネコがいないか、十分に見回して「う〜っ」て唸り声を上げて出て行く、もちろん知らない人が来たら一瞬に隠れる、ボクはその感覚が尖ったところ、まとわりつかない性格がこのネコの好きなところだ。
チビは非常に神経質な分、他のネコと無神経に戯れたり気楽に雑魚寝なんかどうやら出来ないみたい、慣れたらできるのかも知れないが、今のとこ新しくやってきた子ネコをそう易々と受け入れたくないようだ、激しく拒否はしないにしても、子ネコがチビ相手に好き勝手に戯れるのはチビには相当鬱陶しいらしく、子ネコが戯れるとさっと家から逃げて、当分は帰ってこない、最近はチビが前みたいに家の中でリラックスして寝転ぶ時間は相当減った。
外出時間が長くなった、朝出たら夜の9時くらいまでずーっと帰ってこないことも珍しくはない、仕方がないからチビがリラックスして寝られる部屋に子ネコが出入りできないよう配慮したり、対策を考えないとダメだなって思っている、多頭飼いはお互い子ネコから始めた方が良いのを痛感した、先住ネコと新参子ネコとは立場が違うから上手く行くか、どうかは、やってみないと分からないことを今回、知った。
子ネコが大きくなってジャレ癖が終わったらお互い多分馴染むとは思うけど、、、、、、。
ちなみに首にネコ探知のカードを付けたけど今のとこ範囲が狭くあまり役には立っていない。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2384-7db1fbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)