FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

フィルムとデジタル 

ここ最近、カメラを扱うのはもっぱらデジタルばかりになった。
デジタルが登場し世の中の写真需要がどんどんデジタルに移りはじめた時、僕はなんとも言えない不安感を心に感じた、 理由はパソコンを扱うことに気持ちが引いていたし、緊張感でいっぱいの撮影現場で、僕がデジタルカメラをスマートに扱えるなんてまったく想像できなかったし、デジタルって聞いただけで気持ちが滅入ったくらいだった。
でも気がつけば今では苦手なデジタルを散々使いこなせるまでになったし、ドローン撮影はフィルムカメラなんてまったく考えられないし、デジタルが登場してくれたおかげで行動範囲がどれだけ広がったことかと思うと、僕ですらデジタルなしではあり得ないまでに今はなった。

さてデジタルか?フィルムか?この議論は散々し尽くされた、今ではその議論を口にするのも野暮な時代になった気がする、結局これと言ったまともな回答なんか出なかった、ない理由はすごくカンタン、そんなもの口であれこれ言うのではなくそれぞれのベストプリントを並べて比べて目で見て判断するしかない、、、、。
最近、友人のオフィスに僕の額装プリントを毎月飾らせていただいている、過去作品を風通しするまたとない機会です、棚の奥からストックネガ、ストックプリントを引っ張り出して見てあれこれ考えたり暗室に入ってプリントをしている。
最近ずーっとデジタルばかりでフィルムから離れていたから、久々に暗室でプリントすると、忘れていた感覚が蘇ってきた、また前には曖昧ではっきりしなかったことが、今回の暗室で具体的にはっきりと感じたり気がついたり、それらが体にストンと落ちた。
やはり暗室作業というのは、単にプリントを現像する場所ではなく、自分が作り出そうとする階調(トーン)思考の場でもある、この作業をしっかりやって来たのか、パソコンモニターでしか写真をじっくり見たことがないか、では大変な違いがあると思う。デジタルプリントと銀塩プリントは、これらは似てるけどまったく違うものだなってあらためて思った。
シルクとポリエステルの違いのようなものと言えば良いのかな、、、、?
シルクはポリエステルに比べて値段が高いし、洗濯だって気軽に洗濯機に放り込むわけにも行かない、でもだからと言って日常生活でシルクを毎日着続けるにはいささか厄介なことが多い、でもシルクとポリエステルでは品とか手触り感とか見た感じだって違う。
銀塩の黒の質感はインクジェットに比べて、その味わい、深み、奥行きがまったく違う、もちろん、その銀塩プリントはきちんと暗室処理されたモノじゃないと深みはない、インクジェットはどこまで行っても所詮はインクジェットでしかなく先に書いた通りシルクのような深みはない、でもこれが額装されガラス越しに見たら、どんな素晴らしい銀塩プリントだって、そんな些細な違いなんて、しまいにどうだってよくなる、僕らだってそうなるんだからそれは仕方がない。
日々の仕事、雑事に追われ、効率ばかりにアタマは支配されれば、些細な違いにあれこれ言う気力がなくなる、人は日々の雑務と結果に振り回されて生きるしかなくなる、やがて人は感性を見失い遠ざかり、物事に対して鈍感になり果て、感覚的世界に強い憧れを持つようになる。
質の良い銀塩プリントに触れるとは質の良い和紙に書かれた毛筆文字を見るようなものに似てる。今時、ボールペンで書かれた文字と毛筆文字を優劣比較する人はいない、写真もやがてそうなるだろう。
でも銀塩カラープリントとデジタルプリント、さてどっちを取るか?と聞かれたら、カラーに関して言えば、僕はコダックがカラーペーパー生産をやめた時点でデジタルを迷わず取った、なぜならフジの印画紙の色は好きじゃないから、デジタルの方が色表現の幅は遥かに広いし可能性を感じる。
でもモノクロに関しては迷わず銀塩を選ぶ、銀塩モノクロと出力のモノクロはやはりまだ比較にはならない、これはシルクとポリエステルほどの大きな違いがある。
但し、、、、銀塩プリントが必ずしもデジタルではまったく歯が立たないプリントだ、とは言えない、それ相当の銀塩プリントを自由自在に扱えるスキルが前提だ、印画紙と薬品の関係性、相性、写真薬品の知識と経験とスキル、これを備えた人じゃなければ、いくら銀塩プリントであろうがデジタルとさほど大した違いなんかないと僕は思う。
しかしそれだけの暗室スキルを持った人はそう滅多にいない。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2388-2fbf8091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)