FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

免税店で買ったお酒とタバコの話 

73489338.jpg

前回からの続きです。
ボッタクリのリキシャーを追い払ってアンドレとバスに乗ってなんとか無事に街に着き、まずその日の宿を探した、正直言ってパトナの街はネパールに比べて暑いし街の雑踏のパワーはネパールなんかとは比較にならない、でもいっぱい歩くまでもなくすぐ手頃な宿を見つけ、荷物を下ろしまず晩御飯を食べに行くことにした、街を歩くなら当然、酒タバコの免税店袋はこれ見ようがしに目につくようにして持って歩く、インドとはおもしろい国だ、街中、みんながポン引きなのか、ヒマなのか、宿から一歩出ればたちまち、あっという間に、それいくらで売る?って次々に聞いてくる、適当な金額を言うと、あれこれと値段交渉を言うがあまりにもその差は遠すぎるのか、相手の買値を断るとぽん引きたちはトボトボ帰って行った。
アンドレも噂に聞いたほど高値で売れない現実を感じ始めたのか弱気発言をし始めた、でも気を取り直して、裏路地にあったいかがわしそうな中華を見つけて二人でまずはそこに入った、ビール1本を空け二人で乾杯してその日は終わった。
翌日、アンドレと僕はそれぞれの行き先に向けて別れた、僕はそのままお釈迦様の悟りの村、仏教の最大聖地ブッダガヤに向かった、途中列車の中でもインド人たちは酒とタバコの見えるビニール袋をジロジロ見ては、あんたこれ自分で飲むの?または売るのか?と聞いてくるヒマなおっさんもいたり、インドってとにかく日本と違ってケッタイなおかしな国だと思った。
体が元気な時はそれはおもしろく感じるけど、ネパールから来たばかりでとにかく5月のインドは暑い、どうしようもないくらい暑かった、エアコンなんて高級なところ以外はなかった、もう体がぐったり来てる時に、その酒タバコはいくらか、、、と1時間おきに聞かれると、もういい加減にまいった「うるさい!あっちに行け!」と怒鳴りたくなってくる。

飛行機代を浮かせるつもりで酒タバコを買い込んだけど、噂ほど良い取引は期待できそうにもない現実が薄々見えてきた。 そしてなんとかやっと目的地のブッダガヤに着いた、ブッダガヤとは世にも不思議な田舎だった、そこにいる若い男たちはほぼ全員と言って良いくらい流暢な日本語をしゃべる、話には聞いていたけど、、、いったいこれは何なのか?
バスでちょうど夕方ころ、ブッダガヤに着いたら、僕のところに一人の男が寄って来て、これからどこに行くの?と聞く、宿に行くと言いながら無視しようとしたら、そっちには泊まるとこはないよ、、、今のあんた顔色が悪い、すごく疲れるんでしょう?ここでチャイでも飲んでゆっくりしなさい、あとでこの子があんたの泊まるところに連れて行ってくれるから、、、、と小学校1〜2年くらいの男の子を指さした。
ところで、その酒タバコどうするの?売る気があるなら僕が買ってあげるから僕に売りなさいと言った、僕は希望金額を言うと、相手はそんなの売れないよ、誰も買わないよ、、、、と言って、彼の値段はパトナの街よりかなり叩かれたけど、これ以上持って歩くのが、もううんざりだった、彼の言い値で手放すように売っぱらった、さらに他に何か売れる物ある?
僕はインドに行く前に友人からインドに行くならこれを持って行くと高値で売れるよ、、、と教えてもらえたのが、電卓、100円ライター、ボールペン、だった、数は細かく覚えていないけど、秋葉原で電卓は2個、買った、ライターとボールペンは多分30個くらいづつ買い込んだ、今ならそんな大量のライターを持って飛行機は絶対に乗れないけどあの当時は乗れた。
結局はボールペンにしてもライターにしてもたいした高値では売れずムダに持って歩いた荷物で終わった、これ以上持って歩くのもうんざりして来た、彼にそのまま言い値で処分するように売っぱらった。
次回はどうしてここでみんなが日本語を話すのか、ブッダガヤの秘密について書きます。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2403-5ce8fb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)