FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

そうそう、、、、この感覚だ、、、 

51.jpg

そうと決まったら、撮ることに決めた、でも日本から持って来たフィルムはコダクローム(カラー)だけだった、ここはモノクロだろうな、、、それで街のカメラ屋でモノクロフィルムを調達して、とにもかくにもまず徹底して撮りまくることにした、それしか思い浮かばない。
その街はとにかく街中が人でごった返していた、まるで蜂の巣をつついたような、人がウジャウジャと溢れ混沌としていた、まるで暴動でも起きたような光景だけど、これが日常でみんな至って普通の顔で歩いている、さあこれをどう捉えようか、、、こんなもの今まで撮ったことがない。
今までなら、写真を撮るとは、あれこれ考えて、、、、考えすぎるくらい、バカみたいに考えて、、、もうガチガチにカメラを構えていた、でもこの場所に立ったら、もうそんな撮り方や考えは心底バカみたいに思えた、そう言うのじゃないんだよな、、、と思った、もっと体で撮るんだろうな、、、って思いながら、格闘技のような気分で流れに任せて撮った。
日本でカメラマンの世界に入って、考えたらつまらないことばかり身に付けた、それで一体何が撮れるんだろう、、、、と思った、ピントが合ってる、外れている、露出が合っている、合っていない、レンズは望遠か、標準か、広角か、、、もうそんなことどうでも良くなった、ピントなんか合っていようが外れていようが、それも大事だけど、それよりもっと大事なことを撮らなくちゃならないものがあるような気がした。
日本で写真をやってると、こう言うことが分からなくなる、でもこの凄まじさを見ちゃうと、そんなのもうどうでも良いような気がした、僕が目指すのは確かに広告写真だけど、やっぱりそんな考えしかできないのはツマラナイと思った、そんな写真はどこか間違っている、僕がしたいのはそんなのじゃない、でも、じゃあ、ここでどうすれば良いのか、まだ何も分からない、とにかく僕は今まで写真を撮ることが分からなくなっていた。
そんなの写真じゃない、とにかくアタマの中がガチガチになっていた、まずは、その凝り固まった思考を徹底して解凍しなくてはならない、日本じゃ絶対に見られない圧倒的な混沌世界が存在している、自分はカメラを使って、それにどう立ち向かえば良いのか、、、、でもじゃあ何をすれば良いのか、、、、さっぱり分からなかった。
そんなモノ、分かる、分からないなんて、もうどうだって良いじゃないかと思った、とにかく体でブツかって考えるしかない、何だか嬉しいやら、怖いやら、ワケが分からないやら、、、こんな体験は初めての体験だった、でも日本を脱出した意味が体で感じ始めた、そうそう、これこれ、これに出会いたくて僕は日本を出たんだ、、、てその時思った。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiheisenbiz.blog52.fc2.com/tb.php/2420-b03c56c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)