FC2ブログ

アトリエ水平線より

渡会審二の写真日記

アイルランドの旅について 

IMG_1465.jpeg

日本ではアイルランドという国について馴染みがほとんどないし、国についてほんとんど知られていないと思うので今日は少しそれについて話しましょう。
そもそもイギリスですら、、、あんな知られた国ですが一般日本人はイギリスについて何も知らない、まずイギリスと言う国名は一体何を指してイギリスと呼ぶのか?UKを指すのか、イングランドを指すのか、まずそこから話しましょう。
多分イギリスと日本人が呼ぶのはユナイテッドキングダム オブ グレートブリテン またはユナイテッドキングダムUKを指すのだと思う、イギリスとは日本人が幕末に「エゲレス」と呼んだところから自然発生した単語だと僕は思っています。
イギリスはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドとイングランド からなる連合王国を指します、正確に言うとスコットランド、ウエールズ、北アイルランドは連合国の一部であって、イングランドではなくUKに含まれているけど国に近い自治権を持ったところと聞いています。僕が40年前にスコットランドに行ったときはスコットランドのポンド紙幣がイギリスポンドに混じって存在し流通していた。
一応はイギリスの通貨、郵便も鉄道も行政一般はUKの支配下にあるけどイングランドの植民地という訳でもなく、そこは連合王国として🇬🇧ユニオンジャックは存在しています、それ以上詳しい行政については僕では語れません、スコットランドはスコットランドであってラグビー、サッカーはそれぞれ個別の国旗を掲げて参加しています。
それに対しアイルランドはおよそ100年前1922年に数百年間のイギリス支配から独立戦争を経て独立しました、でも何百年間もイギリスの支配下で英語を使っていたので英語が事実上の第一言語でありアイルランドの言語のゲール語は話せない人の方が多くほぼ絶滅危惧種になりかけているのが実態で、つまり英語がアイルランドの日常言語です。

なんでわざわざアイルランドに行ったのか、、、、それは僕は若い頃に自転車でロンドンからスコットランドの北の果てまで旅をしました、南下時もウエールズを周ってイングランドに戻ってきた経験があり、その旅で感じたのは意外にイギリスって国は世界を股にかけたあの大英帝国のイメージとはかけ離れ、意外にイギリスとはとてもそんな大帝国とも思えない、国土全体がずいぶん牧歌的でゆったりした雰囲気、イギリスとはそんなところです。
世界中を植民地にしたあのイギリスが実はこんなゆったり羊の国だったなんて行って驚いた次第で、その時、アイルランドだけは海を渡らなきゃならないし、アイルランド紛争の最中だったので断念したけどアイルランドとは一体どんな国か興味がありました、それで興味の最後の決め手はジブリの鈴木プロデューサーがあるインタビューで、ジブリの創作の原点はアイルランドから来てるんですよ、これは行かない手はない、一体どんな国なのか興味が前からあった訳です。
早い話が、、、イギリスという国は結果的には僕が最もよく知る国として、そこは日本以外で肌身の感覚としてよく知ってる国なわけです、そんなに英語が便利に話せるわけでもないんですが、イギリスを旅するなら気持ちに余裕がたっぷりあるので行動がとにかく楽です、まあいろんな事においてまさか、という事があまりない。
それで、多分アイルランドも旅の感覚としてはイギリス感覚の延長線上にあるだろうと旅に出たわけですが、行って感じたのは、やはり予想通りドンピシャで、とてもそこが初めて来た国とはとても思えず、何から何までコミニュケーションも、行動もすべてイギリスに通じる感覚が当たり前で旅は気楽なものでした、やっぱ勝手知ったる国というのは基本的に旅は楽で精神的にも余裕があります。
さて話題がまた少し後戻りして申し訳ないんですが、いざ行く番になって資料をあれこれ調べた結果、旅のスタイルは除去方式で考えた、まずこれだけはしたくないことから始まり、現地の旅の期間は18日くらいの持ち時間の中であそこに行って、こっちも行く、これは始めからまったくする気にはなれなかった、手持ち時間を無目的にあちこち行ったところで、お金と時間と労力を消耗し結果的に何もしていない事が多く得るものはあまりないというのがこれまでの僕の旅の経験の結論です。
ならば興味深そうなポイントを見つけて、そこで自分は何がしたいのか?何ができそうか?どんな時間を過ごしたいのか?まずそこから考えた結果、だいたい有名観光地巡りっていうものは大しておもしろくないのがもう分かり切っています。つまりは旅はテーマ性を持って実行する、それがしたい事という旅のスタイルが見えてきます、それによって準備すべき手続き、持って行くもの、用意すべき旅の予算、あらゆる事が変わってきます。
まず浮上したのが観光客が多い所よりも少ない所で長居できそうな所で、ムダにお金も使わないところで、できたらそこは孤立した環境がおもしろそうだ、条件を絞るとやはり孤島が浮上した、島散策は日本でもおもしろい、近場の伊豆大島なんかはコンビニやファミレスもない、あるのは海と三原山という大きな火山と美味しい魚、これだけで言うことがなく楽しめる。
僕が選んだ島は”inishmore”アラン諸島の一つで、行き方はそんなに不便でもなくボートは毎日就航してる、島まで1時間程度、ボートの欠航は滅多になく何日も出られなくなることはない、限りなく広い野原があって、海岸線は絶壁が切り立っていてドローン撮影したらおもしろいだろうな、、、、とイメージできた時点で話は即決まった。
現地でドローンが合法的に飛ばせられるよう、アイルランドが認定する許可手続きは十分してかなくてはならない、海外でのドローン保険も加入しておかなければならない、それは誰かに頼むんではなく自分でネットを開いて、英文で書かれた文面をきちんと解釈して自分で許可申請をやった、旅の目的の一つの目的はそのように諸々の事務手続きも含めて今後のためにしっかり勉強して経験を積んでおく事も目的の一つ、そういう事が苦手のままでは海外での行動力は狭まれてしまう。
そして最後の目的はここで何度も書いた事ですが、日々英語を勉強しているの、たまには思う存分使って試して見たいじゃないですか、、、その成果を見たいと思って行きました。まあ行って使った感想は特に劇的な進化は感じられず、今まで旅で覚えたフレーズの繰り返しから出られず学習結果はあまり感じられず悔しい思いもしたけど、実際はやはり英語に対して遠いものから距離がずいぶん縮まったような気もして、、それは日々の勉強の賜物なのかなって?思ったりもした。
だから、英語を現地で思いっきり使ってみたいなら、やはり田舎に行くべきです、ヒマな人相手に散々話す方が絶対に良い、ロンドン辺りでは忙しい街なのでそう言う雰囲気ではない、英語がしっかり使いたい人は田舎に行くのが鉄則です。
僕が泊まっていた宿はみんな何泊も長居してる旅行者ばかりだったから、夜になれば彼らとのお喋りはなかなか有意義な時間を過ごしたと思ってる、そんなわけで若い頃に行けなかった、アイルランドの旅はとても楽しい旅でした。この続きはまた書きます。

アイルランドの島の旅 

2000.jpg

20日間のアイルランドの旅から帰ってきました、最近はガイドブックのポイントを周るだけで終わる旅にはあまり興味を感じなくなり、そんな旅より自分なりの目的とテーマに取り組む旅の方がずーっと充実感があると感じるようになりました。
昨年はロンドンから周辺の植物園、名庭園巡りの旅をしました、そして今回の旅のテーマは英語、出会った人といろんな話をして英語力をもっと深めること、それについては次回のブログで書くとして、そして今日のもう一つの話はアイルランドの本島からボートで1時間くらいのアラン諸島のイニッシュモアの絶壁と野原を撮影すること、今日はその話について話します。
今回のテーマの一つは絶壁をドローンで空から動画で撮影です、でも実際に絶壁を撮って感じたのは、絶壁よりおもしろかったのは古代遺跡を彷彿させるただの野原に僕は惹かれてしまいました。
これを見た人は「こんな人気(ひと気)のない場所までどうやって行ったの?」とみんなから聞かれますが、意外に遠い人里離れた野原ではなく宿から片道徒歩1時間で行けます。
島という環境は陸から閉ざされ独自の雰囲気とか静けさがあって僕は好きです、これはアイルランドに限らず日本でも同じです、海に囲まれた小さな島の気象条件は季節の変わり目は例外なく強風が吹き荒れる日々が続きます、連日強風と雨でなかなか思うようにドローンを上げられず、2日経ってやっとなんとか一瞬、風が止みドローンは上げられました、しかし明日からもまた強風予報です。
それでわずかなスキを見て何回かドローンを飛ばし、無事崖の撮影は出来、撮影された画像を見て、これ以上、この強風続きの島に居続けるのも何だと思い、取り敢えず撮るものは無事撮って納得したので一旦島を出ることにしました、ところが朝になって強風予報がピタリと風と雨は止んだではないですか、この機会を逃す手はなく、乗船前に急いで野原に向かってワンフライトしたいと急ぎ足で行って飛ばしたところ昨日までの撮影では見られなかった野原に心はトキメキました。

それは僕がミスをして見逃したのではなく、光と雲の仕業で野原の色彩が昨日とはまったく違う表情に変わったから、やっと顕になった風景の色でした、取り敢えずこれからの宿も予約したことだし、決めた予定はそのまま通りで島を出ました、そして数日間は北アイルランドに行きましたが、やはり帰国までの日程はこの島に潜む可能性にチャレンジしてみたいと思い再び同じ島に戻って来ました。
じゃあ、この島に一体何があるのか?と問われたら何もないです、ただ延々に野原と石垣と海に突き出した崖があるだけです、でもそのスケールと言ったら半端じゃない何かがあります、それをドローンで空撮するのが楽しい。言葉で説明すればそれだけの話ですが、この圧倒的事実がすごいんです。
日本はいろんな情報がある、いろんな物も山のようにある、なんだってある豊かな国ですが、案外ないものはこの手の圧倒的な凄味がない、あるにはあるけど、ないと言えばない、たまにはこんなところで、ポカ〜ンとした時を過ごしたいものだと思います。こういう時を持たないで、この国の環境にどっぷりハマっていると終いに人間が鈍感になる気がします。
この鈍感さって、ものは僕らが想像してるより心を深く蝕むと僕は思います、少なくとも物事の真偽を見極めたい方にはこの鈍感な流れは恐ろしいものだと僕は思います。

アイルランドで英語学習の旅 

2019888.jpg

今回、アイルランドに来た目的はいくつかありますが、その一つは最近定期化した英語学習をさらに充実させるのが目的です。
日本で英語学習はどうしてもどうにもならない限界を感じます、やはり英語に囲まれた環境ではないところで英語を学ぶのはどうしても難しいから、えい!と手っ取り早い英語の環境に来ました。
日常の簡単な会話が話せる、大体のことには英語で困らなくなるとそこで進歩はなく止まってしまいます、そこからは先はその人のさらなる志にかかっています。これは英語を多少でも使えるようになった人じゃないと実感がないかもしれないけど、つまり限られた言い回しを使うだけである程度コミニケーションは成立するのでどうしてもそこから先に進まない。
そこで納得しちゃうと止まっちゃうわけですが、僕もある程度の会話力が身についた時点で大体のことはまあ何とか、それでこなせちゃう、特に旅では特に困らないし何とか事は足りる、それ以上のコミニケーションを望まなければそこで止まってしまう。
もう少しレベルを上げたいと思ってはいたけど、特に何もしないまま時が過ぎて、これでは嫌だなって思い3〜4年前、英語勉強を始めました、始めはDMM英会話を始めたが、先に書いた通り通常の会話をいくらやったところで知ってる言い回しばかり繰り返すだけで、たいした進歩にならない、かと言って英語のテキストを英語でやったところで今ひとつピンと来ない、あまり意味がない気がして止めた。
ネットで都合の良い英語学習のサイトを見つけて今それをやっていますが、そこで習う言い回しの多くは今ひとつ現実的な気がしなく、続けてはいるけど大して役には立っていない、また学習したことは思うようにアタマは吸収してくれず、正直な話、3〜4年ずーっとやっていますが確かに上達した実感がほとんどない。
時々日本で英語で会話しても、先に書いたように知っている言い回しばかり使うだけで新らしく覚えた言い回しはなかなか口から出て来ない、早い話が新たに覚えた言い回しはまだ完全に入っていなく実戦ではあまり役に立っていない、新しく覚えた言い回しは出来るだけ使うように意識しても悲しいかない口から思うようには出てこないんです。
英語学習の大事なポイントは要は自分でどうすれば自分にとって効果的か自分で自分に合った方法を探すしかないと思う、それで、今回の旅のテーマは英語を意識して知らない言い回しを話す旅にしました、そのためにまず都市ではなく田舎に来ました、理由は都市は僕ら旅行者とはなかなか話相手をしてくれる人は、そう多くはいません、田舎はヒマな人、話し相手になってくれる人は都市よりたくさんいるから好都合です。
それで自分に課題を課しました、臆することなく人と積極的に会話すること、日本語と同じ気持ちで話すように心がけること、分からないことは臆さず聞いたり話すこと、もし相手の言うことが分からなかったら、適当なところで濁さないで分からないとはっきり言ってまた聞いたり積極的に会話をすると決めて来ました。
そう決めて気がついたのは、今まで英語で話すことに自分自身はあまり壁はないと思っていたけど、実は意外に思っていた以上に英語で話すことに壁を持っていたし臆していたんだなって痛感しました。実はここまで気持ちは臆病になっていたのにはびっくりでした。
言葉を学ぶ上での壁の一つは外国語に対する心の壁は僕が思っていいた以上に大きかったんだなって思った。
でもとにかく言い回しより単語をたくさん知っていないと話は始まらないし、どうすれば効果的な学習なのか、そこは自分で考えたことを実行する、上達の道はそれしかないと思う、そんなわけで今、アイルランドで英語学習の旅を楽しんでいます。

アラン諸島の絶壁 

IMG_0732 3

アイルランドの西海岸に浮かぶアラン諸島、その一つにイニッシュモアという島にすごい断崖絶壁があると聞いて、そこでドローンを飛ばし海側からこの絶壁を撮ったら、さぞかし楽しいだろう、、、、と思ってここにやって来た。
始めは何の情報もなく一般のビジターが行くごく普通の有名ポイントに行った、そこは宿からは遠く片道多分7〜8キロの道のりを徒歩で下見がてらに行った、歩いてみると結構遠い、ここまで2時間はかかった、着いてあれこれして帰ろうと時計を見ればなんと5時だった、これでは急いで帰っても宿に着く頃はもう真っ暗だろう。
道をとぼとぼと歩き始めて30分くらい経った頃、車が後ろからやって来た、車は止まり何も聞かず乗って行かないか?って声をかけてくれたので乗せてもらった。
こっちに来て毎回思うのは、これは少しも珍しくない、最近日本はこういう人付き合いが昔に比べて恐ろしく減ったと思う、僕が十代の頃、地方に行ってウロウロしていると、乗って行かないか、とかここで休んで行きなさいとごく気軽に普通に声をかけてくれたが、今はそういう感じがしなくなった。
いつの間にか日本は知らない人にあまり気軽に声をかけない国になったと思う。去年、イギリスに行った時も道に困っていたらすぐ声をかけて来るし、道を聞けば喜んであれこれ教えてくれる、彼らは知らない人だろうが人と話す楽しみをまだ知っ異る、でも日本人はそうじゃなくなった気がする。

さて話は変わり、少し乱暴な分け方だけど、、、旅行者にはタイプが2つある、一つはガイドブック情報を素直に行動するタイプで、情報に載ってること以上のことはあまりしたがらない、ツアーガイドの周遊に素直に従って、一通り見て納得して帰る、それともう一つが僕みたいなタイプ。
ツーリストインフォメーションが教えた代表的なポイントに素直に従って行ってみたが、やはりそう簡単には納得して終わらない、そこはツーリスティクな場所だけにあれこれ禁止事項が書いてあった、そこにドローンも禁止事項に含まれていた、だいたい自分がしたいことはまず現地に行って毎回そうだけどだいたい壁に当たる、または納得が行かず結果的にその場で新たな情報と自分なりの方法を探すハメになる、当然そこで新たな情報探しが始まり、その場に長く留まることになる。
今回もやっぱりそう、まずこの土地の詳しい地図が必要になった、ツーリストインフォメーションがくれた地図ではなく、もっと細かい道が記載されたまともな地図が必要になってくる、そして土地に人に絶壁についてあれこれ聞き始めた。
話がしつこくなったけど、早い話が自分がしたいことはだいたい現地に行けば何らかの問題にぶち当たる、そこで自分がしたいことの情報探しが始まって、結果的に語学力が必要になる、過去、少数民族を散々探し気がついたら言葉も覚えながら少数民族を撮ってきた。
そんなわけで今日も土地の人に別場所でこんな絶壁で行ける場所はないかと聞いてこの場所を教えてもらった、ここはあまり管理されておらずわりと自由に崖に沿ってずーっと移動しても構わないみたい、いい場所を見つけたけど、なんせ風が強くて今のことドローンはまだ上げられない。

今回の台風は大きい、これはまさに温暖化の影響だと思う。 

 2019

先日、国連で環境保護活動をしているスウェーデンの女子が怒りをぶちまけるように演説して話題になった、彼女はなんと16歳で大人たちを相手に堂々と演説したのだから時代も変わったものだと思った。
彼女の演説の内容は地球はあなたたちによってこんなに環境を破壊し尽くされた、私たちはあなたちがダメにしたこの環境で生きていかなくてはならない、でもあなた方はこの後に及んでまだお金儲けのおとぎ話をやめない、もういいかんげんにして欲しい、という意味の演説だった。
その後、彼女はそこら辺りから無用な批判、中傷もたくさん受けたようだけど、まあ拍手もあれば無用な中傷だって受けるのは覚悟の上で演説しんだろうと思う、でもそれを16歳の女子がその行動をしたんだからすごいものだと思う、もちろん背後には間違いなく場を用意し後押しをした大人たちは必ずいたはずだと思う。

さて話は変わり、やはり環境は破壊され地球は温暖化したのは明らかな気がする、僕は海辺に住んで16年くらい経つがやはり巨大な台風その頻度をひしひしと実感する、そして今回の台風19号だけど、だいたい数年前からこんなのがまともに直撃されたらとんでもないって感じてはいたが、今回はその最たるクラスと自覚している。
台風の度に毎回、その進路をじーっと注視しているが、今回もまだ熱帯低気圧の頃から、嫌な予感がしながらその動向を見ていた、そして注視すればするほど嫌な予感がだんだん的中し始め、まさにホールインワンのごとく鎌倉あたりに接近していいるし、前回、被害の大きかった15号とほぼ同じようなコース、千葉の房総南部を通過しそうだ、ここでピタリと同じコースを通ると何か磁石みたいなモノでも作用しているじゃないかと思うほど似ている。
2年くらい前に台風被害に備えて災害保険に10年分まとめて入った、そうじゃないとここに暮らすのは気が気じゃない。
それでもう一つ書きたいのは、今日から僕は海外に出る、この時期を選んだのはもっと早めの8〜9月に出たいんだけど、台風が多いシーズンなのでわざわざ10月に遅らせたのに、まさかドンピシャでハマってしまった、これより遅く出るとアイルランドはぐんと気温が落ちるし、来年の仕事の動きも出始めるから今のうちに出ないと行く時を見失う。
しかし、まあ、、、よくまあよりによってとんでもない時に台風が来る、あと1日遅れていたら完全に飛行機は飛ばず出国ができなくなったとこだった。もし自分がこれをわざわざ狙っていたなら僕はとんでもない有能な予言者になってしまう。
正直なところ、こんな時期に家族を残して出るのは、相当気が引けた、ここまで怪しいコースを通るなら時期を延長しようかと思ったけど、その後のフライトは当分空きがないのも調べた、でも考え方を変えたらこの時だけここに残った家内は別場所に避難すれば身の安全は確保できる、家だって保険に加入しているし、冷静になれば、僕がここにいたところで来るものは来る、まあそんなに深刻になりすぎる必要はそんなにない、家内もここにいたところでどってこともないわけだし、せっかく予約したんだから行ったら?と背中を押してくれたしここは予定通り行くことにした。
でも今回はさすがに今まで外したことがないウッドデッキの板を何枚か外しデッキがめくれ上がらないように処置したり、窓という窓には板を張ったり考えられる処置はした。